ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

小児科

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年9月17日更新
<外部リンク>

知りたい内容をクリックしてください。

特色 / 診療内容 / 治療成績 / 今後の方針 / 学会学術活動 / 週間診療予定表 / 担当医師

NCPR(新生児蘇生法)講習会を開催しました

発達障害児のWISC-IVのプロファイル解析による認知特性の傾向の分析、及び薬物療法の効果の検討について[PDFファイル/116KB]

福知山市におけるウイルス性髄膜炎流行に関する研究 [PDFファイル/345KB]

特色

子どもの発達や成長をご家族と共に見守り、援助とケアを実践します。
次世代に希望を与えることを目標に、スタッフ一丸となり治療させていただきます。地域の開業医の先生などと連絡を取り合うと同時に、重症児は京都府立医科大学附属病院や舞鶴医療センター、疾患によっては全国の専門施設と連携して治療にあたります。
新生児から中学生まで、疾患によっては成人期まで広い年齢層の疾患の診断・治療・管理をしています。また非常勤医師にも来ていただき、専門性の高い外来を行っています。

診療内容

平日の午前中は、主に風邪や気管支炎などの急性疾患を、一般外来として診察しています。お子様の症状が専門的な病気によるものか分からない場合も、まずは一般外来を受診していただければ、専門外来へ引き継ぐことができます。午後は予約制の専門外来を行っています。食物アレルギー負荷試験や予防接種も行っています。受診希望がございましたら、電話などで予約をお願いします。
発達障害などのお子さんについては、リハビリ部門と連携しながら診療を行っています。しかし、昨今の情勢から受診希望が多く、受診申し込みしていただいてから診察まで時間がかかりますことをご了承ください。

治療成績

平成30年度

入院患者数:451人

主な内訳
  人数
肺炎や気管支炎など 181人
喘息などのアレルギー性疾患 21人
腸炎などの消化器疾患 22人
痙攣などの神経疾患 24人
川崎病 12人
ネフローゼなどの腎疾患 11人
低身長など内分泌疾患 18人
新生児疾患 123人
その他(皮膚疾患、救急疾患など) 39人

今後の方針

地域に密着した信頼される小児科を目指します。他科との連携により、高度な医療を提供したいと思います。
救急診療に関しては、医師数の問題から小児科医による24時間体制は困難です。内科や外科の先生方の力を借りて、なんとか運営している状況です。地域の皆様におきましては、早め早めにかかりつけ医におかかりいただきますようお願い申し上げます。

学会学術活動

日本小児科学会、日本小児神経学会、日本小児感染症学会、日本てんかん学会、日本自閉症スペクトラム学会、日本LD学会、日本人類遺伝学会、日本環境感染学会、京都府自閉症協会、日本てんかん協会、日本ペアレント・トレーニング研究会、日本小児血液がん学会、日本癌学会、日本救急医学会、日本災害医学会、日本小児救急医学会、日本アレルギー学会、日本小児アレルギー学会、日本周産期・新生児医学会、食物アレルギー研究会、日本内分泌学会、日本小児内分泌学会、日本感染症学会、日本小児栄養消化器肝臓病学会、日本子ども虐待医学会、日本子ども虐待防止学会
、日本成長学会など

担当医師

モロト マサハル
諸戸 雅治
(小児科医長)
最終学歴

京都府立医科大学医学部 平成17年卒業
        大学院 平成25年 単位取得退学

学位 医学博士
専門分野 小児神経、てんかん、発達障害
専門医・認定医

日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本小児神経学会小児神経専門医
自閉症スペクトラム支援士( STANDARD )
特別支援教育士(S.E.N.S.)
PALSプロバイダー
Infection Control Doctor (ICD)
NCPR専門コース修了

診療についてモットー

地域の様々な関係機関と連携・協力しながら医師として役割を果たしていきたいと思います。

ニッタ ヨシヒロ
新田 義宏
(小児科医師)
最終学歴 京都府立医科大学医学部 平成19年卒業
オクムラ ヨシキ
奥村 能城
(小児科医師)
最終学歴 京都府立医科大学医学部 平成21年卒業
専門分野 小児科・救急
専門医・認定医

日本小児科学会専門医
日本統括DMAT隊員
ICLS認定インストラクター
JATECプロバイダー
JPTECプロバイダー
FCCSプロバイダー
PFCCSプロバイダー
小児T&Aインストラクター
T&Aマイナーエマージェンシーコアインストラクター

診療についてモットー 「 志高く、腰低く 」
病院を出るときに、入るときより少しでもHAPPYになっていただけるよう努力します。
カガヤマ サナエ
加賀山 早苗
(小児科医師)
最終学歴 帝京大学医学部 平成23年卒業
専門分野 小児科
診療についてモットー 常に患者さんやそのご家族の気持ちを考えながら診療するよう心がけます。
タカダ レイ
髙田 礼
(小児科医師)
最終学歴 愛媛大学医学部 平成27年卒業
診療について
モットー

子ども達、そのご家族の不安を少しでも軽減できるような診療を目指します。

アダチ シンスケ
足立 晋介
(小児科医師)
最終学歴 京都府立医科大学大学院 平成14年修了
学位 医学博士
専門分野 小児内分泌・感染症
専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
Infection Control Doctor (ICD)
NCPRインストラクター
診療についてモットー チームで最良の医療を提供します
 
招聘医師
 西村 陽 (ニシムラ アキラ)  こども頭痛外来
 桒原 康通 (クワハラ ヤスミチ)  発達外来
 河井 容子 (カワイ ヨウコ)  循環器

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


地域救命救急センター

診療受付時間

各種相談のご案内