ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 看護部 > 教育 > 看護部紹介(教育)

本文

看護部紹介(教育)

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年12月7日更新
<外部リンク>

看護部教育理念

 専門職業人としての知識、技術、態度に基づいた看護を提供し、看護職としての仕事に誇りを持ち、自己研鑽に努める看護職者を育成する。

当院の目指す看護師像

  1. 組織の一員としての立場と役割を認識し、責任ある行動がとれる。
  2. 医療チームにおける看護職としての役割を自覚し、他職種と協働できる。
  3. 問題解決力、判断力を身につけ、根拠に基づいた看護実践ができる。
  4. 倫理観を持ち、倫理的判断に基づいた行動がとれる。
  5. 自己の目標達成に向けて、自己研鑽できる。
  6. 看護職としての仕事に誇りが持てる。

教育支援体制

 平成22年度より、プリセプター制度から新人サポートチーム体制に変更しました。プリセプターに任せていた新人教育を各部署の看護師全員で担う体制として新人サポートチームを作りました。新人の人数と同じ人数のチームリーダーを一チーム内に配置し、リーダー同士で相談しながらチーム全体で新人をサポートします。-新人看護師教育体制(モデル)-[PDFファイル/75KB]
 技術的側面、管理的側面、基本姿勢と態度について、レベル1からレベル3の段階別に到達目標を設定しました。院内で統一した年間スケジュールパスを作成し、3年間でどの部署でも共通して看護技術を獲得できるようにしています。また、集合教育とOJTを連動させ、個々の状況に応じた安全な看護技術を提供できるようにしています。

集合研修プログラム

  レベル1(卒後1年目) レベル2(卒後2年目) レベル3(卒後3年目)
4月

集合研修

  • 基礎看護技術トレーニング
  • (採血・注射)
  • 医療安全
  • 感染
  • 放射線防護
  • 看護必要度
  • 看護記録
  • PNS概要
集合研修
  • ケーススタディの進め方
 
5月 2カ月フォローアップ研修
  • 感染
  • 医療安全
  • 褥瘡研修
  • 静脈注射認定試験(翼状針)
  集合研修
  • 救急看護
  • フィジカルアセスメント
6月 3カ月フォローアップ研修
  • 院外研修
集合研修
  • 看護記録
  • 救急看護
  • がん看護
 
7月 集合研修
  • 救急看護
  • 認知症看護
  集合研修
  • リーダーの役割
  • がん看護(緩和ケア)
  • 感染
  • 臨床倫理
8月   集合研修
  • 看護記録
  • 医療安全
  • 臨床倫理
  • 感染
 
9月 6カ月フォローアップ研修
  • 栄養管理
  • 電解質・点滴管理
  • 基礎看護技術トレーニング
    (インサイト・輸血)
  • 看護記録
 

ケーススタディ発表

10月 静脈注射レベル3実技試験  

ケーススタディ発表

11月 8カ月フォローアップ研修
  • 臨床倫理
  • がん看護
  • 感染
  • 化学療法

ケーススタディ発表

 
12月     集合研修
  • フィジカル看護実践のための研究視点
  • 臨床倫理
  • 救急看護
1月   集合研修
  • 救急看護
  • 臨床倫理
 
2月      
3月      
  レベル4(卒後4年目以降) レベル5(レベル4修了者) フォローアップ(卒後4年目以降でレベル4・5以外の者)
4月  
  • マネジメントコース
  • 看護管理者:看護部長・
  • 看護部理事・副看護部長・
  • 師長・副師長として管理者にある者
  • スペシャリストコース
  • 専門・認定関連分野:認定看護師など
  • エキスパートコース
  • 広範囲にわたって知識や
  • 経験を持つ者
  • 院内認定としての位置づけ・透析看護
  • (透析療法指導看護師・
  • 透析技術認定士など)
  • 糖尿病看護
  • (糖尿病重症化予防フットケア
  • 指導士・糖尿病療養指導士など)
  • 心臓リハビリテーション指導士
  • NST専門療法士
  • 新生児集中ケアなど
  • 集合研修:年1回節目研修
  • 看護師経験10年目:看護を語る
  • 看護師経験20年目:救急蘇生
  • 看護師経験30年目:楽しみ研修
5月
6月
7月 集合研修
  • 臨床倫理
  • 看護過程
8月 看護研究統計研修
  • 研究計画書
9月

ケーススタディ

10月  
11月  
12月 集合研修
  • 臨床倫理
1月  
2月

ケーススタディ

3月

看護研究発表会

シリンジポンプ技術トレーニングの画像
シリンジポンプ技術トレーニング

輸液ポンプ技術トレーニングの画像
輸液ポンプ技術トレーニング

1年目オリエンテーションヘリポートでの画像
1年目オリエンテーションヘリポートで

リフレッシュ研修

 毎年7月頃、卒後1年目看護師を対象とした、リフレッシュ研修が実施されています。入職から3ヶ月程度が過ぎ、職場の環境や仕事の内容にも慣れてきたところ…しかし、悩みや不安・仕事の疲れもどっと出てくる時期でもありますね。ひょっとしたら他の同期も同じ悩みや不安を抱えているかもしれません。研修でのたくさんの経験のなかで同期を話し心も体もリフレッシュ!そしてさらに親睦を深めるよい機会に!担当の副師長も同行しますので、仕事の悩みも気軽に相談できる機会になりますよ♪

平成29年度

H29リフレッシュ研修1 H29リフレッシュ研修2

 

H29リフレッシュ研修3

平成28年度

H28リフレッシュ研修1 H28リフレッシュ研修2

 

H28リフレッシュ研修3 H28リフレッシュ研修4

 

平成27年度

H27リフレッシュ研修1 H27リフレッシュ研修2

 

H27リフレッシュ研修3 H27リフレッシュ研修4

 

フォローアップ研修

10年目フォローアップ

 看護師として10年目の節目を迎えられた8名の看護師を対象に実施しました。ひとりひとりが10年間を振り返り発表を行うことで自己の看護観を見つめ直す機会となりました。他者の発表を聞くことでも学びを得ることができました。
グループワークでは10年間を振り返るディスカッションを行いました。同期の懐かしい顔ぶれで雰囲気良く話し合いができ、すがすがしい気持ちになれました。
10年間の自己の振り返りと今後の自分がどうあるべきかを再認識できた、有意義な研修になりました

10年目フォローアップの画像1 10年目フォローアップの画像2

 

10年目フォローアップの画像3

20年目フォローアップ

 20年目の節目を迎えられた看護師は5人で、ICLS(医療者向け蘇生トレーニング)の研修を行いました。院内のICLSインストラクターを講師に、日々の業務の中で急変時の対応が分かること、学んだことを今後の指導に役立てることを目標に研修を行いました。
日頃こういった救急蘇生の研修を受ける機会がなく意義のある時間を過ごせたという声が多々ありました。また、救急蘇生は難しいと実感されたと同時に、学んだことを現場で活かせられると感じた研修になりました。

20年目フォローアップの画像1 20年目フォローアップの画像2

 

20年目フォローアップの画像3

30年目フォローアップ

 30年目の節目研修には4人が参加しました。看護師経験30年のキャリアを持つ人が一緒に集い、京都市内でアロマセラピー体験にてハンドマッサージをお互いに施術し合ったり、30年のキャリアを振り返り、「続けてこられたのはなぜか?」「これからの役割」などお互いの思いを語り合いました。また、世界遺産でもある下鴨神社に参拝し文化遺産にふれ、心身共にリフレッシュできました。

 30年目フォローアップの画像1  30年目フォローアップの画像2

 

 30年目フォローアップの画像3

キャリア開発支援

当院は看護職員一人一人が主体的に専門的知識・技術を習得できるよう下記の支援を行っています。

院外研修

学会や研修会への参加費を補助します。

認定看護師教育課程への支援

 当院では看護の質向上を図る目的で認定看護師資格の取得を推進しています。本人の希望をもとに出張扱いで、認定看護師教育機関で学べるよう支援しています。(給料全額支給、受講費・交通費・宿泊費などは病院負担)
H29・4月現在、がん化学療法看護認定看護師1名、感染管理認定看護師1名、皮膚・排泄ケア認定看護師1名、救急看護認定看護師1名、摂食・嚥下障害看護認定看護師1名、集中ケア認定看護師1名、がん放射線療法看護認定看護師1名・緩和ケア認定看護師の8名が活躍しています。(認定看護師のページへ)<外部リンク>

院外研修

学会や研修会への参加費を補助します。

その他

各種休暇制度・奨学金制度があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


地域救命救急センター

診療受付時間

各種相談のご案内