ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

病院長あいさつ

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2021年1月1日更新
<外部リンク>

『進化しつづける病院』 を目指して

病院長の写真 新年あけましておめでとうございます。

 昨年は、新型コロナウイルス感染症の流行で、社会・生活の在り方が大きく変化した1年でした。欧米でワクチンの接種が始まり、わが国でも近いうちに実施が予定されていますが、その効果も含め感染制御に結び付く治療法の確立に大きな期待が寄せられています。本年中にも感染流行以前の世界に戻れるのか、あるいはしばらくはウイズ・コロナの時代が継続していくのか、気がかりなところです。当院といたしましては、このような困難な環境の中でも立ち止まらず、未来に向かって前進していきたいと考えています。

 最近、デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉を頻繁に見かけるようになってきました。DXとはデータあるいはデジタル技術を活用し、私たちにとって有益なものへ変革することをいいます。医療分野においても、国は今後2年間で集中的に実行する3つのアクションプランを打ち立てています。第一は全国で医療情報を確認できる、第二は電子処方箋が可能になる、第三には自身の保健医療情報を活用できる、仕組みづくりです。これまでの国の歩みを考えると実行できるのかという疑問がありますが、大いに期待したいところです。さて医療における変革には他にもICTやAIの導入、ロボティクスがあげられます。当院におきましては、4月から泌尿器科領域においてロボット手術を開始する予定です。また、大江分院ではAI、IoTを活用した遠隔医療のパイロットスタディをはじめます。先が見通せない、不確実な年ではありますが、本年も色々なことにチャレンジしていきたいと考えています。同時に、従来から力をいれてきた教育力の向上にも全力で努めていく予定です。

 本年も職員一同力を合わせ、安心・安全な医療の提供に努めてまいりますので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

病院長 香川 惠造

 令和3年1月


地域救命救急センター

診療受付時間

各種相談のご案内