ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

腫瘍内科

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年11月6日更新
<外部リンク>

*知りたい内容をクリックしてください。

特色  診療内容  治療成績  学会学術活動  週間診療予定表  担当医師

特色

抗がん剤治療(がん薬物療法)は手術や放射線治療と並んで、がん治療の中で大きな役割を担っています。近年、がん薬物療法の進歩は目覚ましく、従来の抗がん剤に加えて様々な分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬なども登場しており、薬剤選択や副作用の管理など、適切ながん薬物療法の施行において高い専門性が必要となっています。今後は各診療科での個別治療に加えて、診療科を越えた臓器横断的な密度の高いがん診療が期待され、がん薬物療法を専門とする腫瘍内科専門医の役割は大きくなっています。腫瘍内科では各診療科と連携してがんの内科的治療を行っています。

診療内容

■固形がんの薬物療法と緩和医療を主に担当しています。                                         主な診療がん種:肺がん・胸腺腫瘍、消化器がん、婦人科がん、頭頚部がん、泌尿器がん、骨軟部肉腫、乳がん、皮膚がん、胚細胞腫瘍、原発不明がん

■消化器科、呼吸器科と協力してがんの診断、治療のために消化器内視鏡検査、呼吸器内視鏡検査を施行しています。

■より良いがん治療の確立のために、多施設共同臨床試験に参加しています。

治療成績

年間入院患者数
年度 入院患者数
2014年 311
2015年 413
2016年 456
2017年 550
2018年 714

2018年度:多い順に、                                                                   肺がん315例、消化器がん129例、婦人科がん86例、骨軟部肉腫73例、原発不明がん35例、頭頚部がん32例、その他42例(泌尿器がん、皮膚がん、神経内分泌腫瘍など)でした。 

 

外来化学療法施行件数(点滴のみ)

外来化学療法施行件数

学会学術活動

日本内科学会、日本臨床腫瘍学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本肉腫学会、日本緩和医療学会、アメリカ臨床腫瘍学会(ASCO)、世界肺癌学会(WCLC)など

がん薬物療法専門医認定研修施設

当院は日本臨床腫瘍学会のがん薬物療法専門医(腫瘍内科専門医)認定研修施設に認定されており、各診療科の腫瘍内科専門医を志す医師が専門研修を腫瘍内科で行っています。

担当医師

ハラダ タイシ
原田 大司
(腫瘍内科医長)
最終学歴 京都府立医科大学医学部 平成17年卒業
専門分野 がん薬物療法・緩和医療
専門医・認定医

日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医                日本肉腫学会 肉腫専門医

診療についてモットー 最新の知見から患者さんにとっての最善の医療を。

地域救命救急センター

診療受付時間

各種相談のご案内