ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 臨床研修 > 後期研修 > 後期研修(総合診療領域)

本文

後期研修(総合診療領域)

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年10月19日更新
<外部リンク>

市立福知山市民病院では基幹研修施設として2領域のプログラムを実施しています。

総合診療領域プログラムは下記よりご覧いただくことができます。

総合診療領域プログラム概要はこちら[PDFファイル/349KB]

研修プログラムの特徴

■ 病歴聴取・身体診察・鑑別診断を意識した臨床推論を実践

■ 基幹病院として地域の疫学を反映した臨床現場で研鑽

■ 臓器別専門医・救急医・研修医との強力な連携

■ 比較的近い二つの医療機関(自動車で15分程度)ですべての研修が完了
  ※他の多くの総合診療専門医研修プログラムで生じるような3年間の研修期間中の引っ越しは一度も必要ありません。


総合診療専門研修プログラムの募集定員は3名です。日本専門医機構のスケジュールに従って登録を行います。

総合診療医という選択 <外部リンク>  こちらで当院の様子も垣間見ることができます。

当プログラム(3年間)終了後、継続して本院6か月、分院6か月の研修を行うことで、新・家庭医療専門研修を修了することができます。(計4年間)

わからないことがあれば、お気軽に問いあわせください。

  • 研究研修センター長 総合内科医長 川島 篤志
       メールアドレス kawashima-a■fukuchiyama-hosp.jp (■は@と置き換えて下さい)
  • 当院の初期研修・総合内科のブログも参照ください
       ブログへのリンクはこちら<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


地域救命救急センター

診療受付時間

各種相談のご案内