ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

泌尿器科

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2022年3月1日更新
<外部リンク>

*知りたい内容をクリックしてください。

特色 / 診療内容 / 学会学術活動 / 週間診療予定表 / 担当医師

特色

尿路悪性腫瘍や排尿障害といった泌尿器科疾患の治療のほか、血液透析や腹膜透析といった末期腎不全の治療も担当しています。

診療内容

対象臓器 泌尿器科が扱う臓器は、腎・尿管・膀胱・尿道といった尿路臓器、精巣・前立腺などの男性性器、副腎などの内分泌臓器です。
悪性腫瘍
(がん)
手術療法を中心に化学療法や放射線療法も組み合わせた、侵襲の少ない治療を目指しています。特に前立腺癌に対しては、2021年4月に手術支援ロボット(ダヴィンチ)を導入したことにより、手術治療(ロボット支援手術、開腹手術)、放射線治療(強度変調線放射線治療(IMRT)、密封小線源治療)、薬物治療(ホルモン療法、抗がん剤治療)とすべての治療法を提供することが可能となっています。
前立腺肥大などの排尿障害 経直腸的前立腺超音波断層法などを用いて的確に診断を行い、内服療法や内視鏡手術を中心とした手術療法を行います。
尿路結石症 自然排石困難な結石に対しては、体外衝撃波砕石術(ESWL)や内視鏡手術を行います。結石形成原因の検索、再発予防も含めた治療を行います。
末期腎不全 血液透析及び腹膜透析を行っており、患者さんのライフスタイルに合わせ治療を選択しています。透析合併症の予防や治療も重要な課題です。また急性腎不全に対する各種治療も担当しています。

学会学術活動

日本泌尿器科学会、日本透析医学会・日本泌尿器内視鏡学会・日本癌治療学会・日本癌学会・日本性感染症学会

担当医師

スズキ ケイ
鈴木 啓
(副診療部長
兼泌尿器科医長)
最終学歴 京都府立医科大学医学部 平成11年卒業                京都府立医科大学大学院 平成18年修了
学位 医学博士
専門分野 泌尿器科
専門医・認定医 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
泌尿器腹腔鏡技術認定医
ロボット支援手術認定医
臨床研修指導医
厚生労働省開催指針準拠 緩和ケア研修会修了
診療についてモットー 患者様の症状や病状に合わせた分かりやすい説明をし、一緒に最良の治療が選択できるよう心がけています。
ホソイ シンゴ
細井 信吾
(透析センター
第一センター長
兼泌尿器科医長)
最終学歴 京都府立医科大学 平成元年卒業
専門分野 腎不全、血液透析療法
専門医・認定医 日本透析医学会専門医
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
診療についてモットー 透析生活のお手伝いをさせて頂きます。
カトウ  ミネユキ
加藤 峰之
(泌尿器科医師)
最終学歴 京都府立医科大学 平成21年卒業
招聘医師
 藤原 敦子 (フジワラ アツコ)  女性泌尿器外来
 小倉 涼太 (オグラ リョウタ)  泌尿器科

地域救命救急センター

診療受付時間8時30分から11時。再来受付機は7時30分より稼働。休診日は土曜日、日曜日、祝日、12月29日から1月3日の年末年始

各種相談のご案内