ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

整形外科

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年5月14日更新
<外部リンク>

*知りたい内容をクリックしてください。

特色 / 診療内容 / 治療成績 / 今後の方針 / 学会学術活動 / 週間診療予定表 / 担当医師

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究について [PDFファイル/16KB]

特色

1.外傷

当院は古くから交通の要衝として栄えた場所に存在し、舞鶴若狭自動車道・国道9号線を主とする幹線道路で生じた交通外傷に対して、救急科と協力し加療を行っています。また、ご高齢者の骨折(特に股関節周囲や脊椎)に関しては早期に加療を開始し、社会復帰を目指します。

2.慢性疾患

変形性関節症、肩腱板損傷、関節リウマチなどの慢性疾患に対してまずは薬物療法・リハビリ療法を中心とした保存療法を行います。効果の乏しい場合は積極的に手術加療を行います。主に膝・股関節人工関節置換術、鏡視下肩腱板修復術を行っています。また上肢(肘・手)の障害に関しても専門医による積極的な加療を行っています。

3.スポーツ外傷・障害

京都の北部で学生の多い地域であり、スポーツで生じた怪我に対してリハビリテーション科と協力して加療を行っています。特に膝前十字靭帯損傷、膝半月板損傷や肩関節脱臼に対しては積極的に手術加療を行い、競技特性に応じたリハビリテーションプログラムを実施し、最良の状態での競技復帰を目指しています。

診療内容

四肢の外傷、変形性関節症(膝・股関節)、スポーツ外傷・障害(膝前十字靭帯損傷、膝半月板損傷、肩関節脱臼など)、肩腱板損傷、関節リウマチ、骨粗鬆症、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、骨・軟部腫瘍、末梢神経損傷

治療成績

年間手術件数 約1,000件

内訳
骨接合術 約300件
脊椎・脊髄手術 約30件
鏡視下腱板修復術・鏡視下Bankert修復術 約80件
人工股関節・人工骨頭置換術 約80件
人工膝関節置換術 約40件
膝前十字靭帯再建術 約40件
膝半月板縫合・切除術 約50件
膝周囲骨切り術 約20件
その他関節鏡手術 約40件
手の外科 約80件

今後の方針

診療所や他の病院、施設ともさらに連携をはかって、スムーズな医療をめざします。

学会学術活動

日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本リハビリテーション医学会、日本骨折治療学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本脊椎脊髄病学会など

担当医師

 
ナカムラ シンイチロウ
中村 紳一郎
(副院長・
整形外科医長)
最終学歴 京都府立医科大学 昭和57年卒業
学位 医学博士
専門分野 骨・軟部腫瘍、関節リウマチ
専門医・認定医 日本整形外科学会専門医・スポーツ医・脊椎脊髄病医
日本リウマチ学会認定医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本リハビリテーション医学会専門医
診療についてモットー 丁寧な診療をするよう努力したいと思います。
カナムラ ヒトシ
金村 斉
(整形外科副医長)
最終学歴 京都府立医科大学 平成13年卒業
学位 医学博士
専門分野 スポーツ外傷、膝関節
専門医・認定医 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本医師会認定健康スポーツ医
日本体育協会公認アスレチックトレーナー
日本関節鏡・膝・スポーツ学会関節鏡技術認定医
日本リハビリテーション医学会専門医
日本障がい者スポーツ協会公認スポーツ医
日本登山医学会認定山岳医(国内)
京都府国体選手団 帯同ドクター
関西・京都府ラグビー協会医務委員
ラグビー高校日本代表帯同ドクター(2015-2017)
京都産業大学アメリカンフットボールチームドクター
なでしこリーグ 伊賀くのいちホームドクター
診療についてモットー 患者様の思いに寄りそう診療を心掛けています。
ササキ ケンタロウ
佐々木 健太朗
(整形外科医師)
最終学歴 京都府立医科大学 平成15年卒業
学位 医学博士
専門分野 肩関節
専門医・認定医 日本整形外科学会専門医
リバース型人工肩関節認定医
診療についてモットー 迅速かつ的確な診療を心がけています。
タカツジ  ケンタ
髙辻 謙太
(整形外科医師)
最終学歴 和歌山県立医科大学 平成24年卒業
専門分野 外傷外科、肘関節
専門医・認定医

日本整形外科学会専門医

診療についてモットー 患者さまひとりひとりに向き合った医療を提供します。
カツヤマ ユウセイ
勝山 祐誠
(整形外科医師)
最終学歴 京都府立医科大学 平成26年卒業
診療についてモットー みなさんが笑顔になれるような医療を提供できるように心がけます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


地域救命救急センター

診療受付時間

各種相談のご案内