ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

大人の風しん予防接種費用の一部助成について

風しんウィルスに免疫のない妊婦が妊娠初期に風しんにかかると胎児に感染し、子どもに多様な先天異常(先天性風しん症候群:低出生体重、難聴、心疾患、眼球異常)が起こることがあるため、これから妊娠を希望する女性等に対して、麻しん風しん混合(MR)ワクチンもしくは風しんワクチン接種費用の一部を助成します。

1 対象者

福知山市民で、下記に該当される人

  1. 風しん抗体価が低い妊娠を希望する女性
  2. 風しん抗体価が低い妊婦の同居者で、風しん抗体価が低い人

   *妊婦の同居者が、妊婦の出産後に予防接種を受けられた場合は、対象になりません。

   ※抗体価が低いとは下記のいずれかに該当するもの

         検査方法    ・HI法   16倍以下

                 ・EIA法  8.0未満 

2 助成額

接種費用の3分の2以内を助成します。

 麻しん風しん混合ワクチンの場合  限度額6,600円

 風しんワクチンの場合       限度額4,200円

    ※ どちらかのワクチン1種類1回分のみの助成です。
    ※ 市民税非課税世帯、生活保護世帯の人に対しては、接種費用を全額助成します。

         ただし、過去にこの助成を受けた人は対象となりません。

3 助成対象となる接種期間

   令和4(2022)年4月1日から令和5年(2023)年3月31日まで

4 手続き方法    

  1. 直接個人で、医療機関にワクチン接種の予約をとってください。
  2. 接種を受けた後、全額接種費用を負担していただき、領収書を受け取ってください。
  3. 領収書と「福知山市風しん予防接種費助成金交付申請書(子ども政策室窓口に配置または市のホームページからダウンロード)」を子ども政策室に提出してください。
  4. 接種費用の助成金は、後日指定された金融機関の口座に入金します。

5 申請に必要なもの  
   被接種者以外の申請の場合は、委任状が必要となります。 

妊娠を希望する女性の場合

  1. 福知山市風しん予防接種費助成金交付申請書
  2. 領収書の原本(ワクチン名、接種費用、接種者氏名、日付の入ったもの)
  3. 風しん抗体価が低いと証明できるもの(抗体検査結果など)
  4. 申請者名義の金融機関の口座のわかるもの(通帳など) 
  5. マイナンバーカー(マイナンバーカードをお持ちでない場合は、マイナンバー通知カードと運転免許証等の写真付き書類) 

  *郵送で申請される場合は、1.申請書、2.領収書(原本)、3.4.5.(裏面に記載のある場合は両面)の写しを同封してください。

 

風しん抗体価の低い同居者の場合

  1. 福知山市風しん予防接種費助成金交付申請書  
  2. 領収書の原本(ワクチン名、接種費用、接種者氏名、日付の入ったもの)
  3. 風しん抗体価が低いと証明できるもの(抗体検査結果など)
  4. 申請者名義の金融機関の口座のわかるもの(通帳など) 
  5. マイナンバーカード(マイナンバーカードをお持ちでない場合は、マイナンバー通知カードと運転免許証等の写真付き書類) 
  6. 妊婦の母子健康手帳
  7. 妊婦の風しん抗体価が低いと証明できるもの(抗体検査結果など)
  8. 妊婦と同居していることを確認できるもの(妊婦の健康保険証(住所の記載があるもの)など。ただし母子健康手帳で確認できる場合は不要)

  *郵送で申請される場合は、1.申請書、2.領収書(原本)、3.4.5.6.7.8.の写し(裏面にも記載のある場合は両面、6.は表紙のみの写し) を同封してください。
  
 
 *福知山市風しん予防接種費助成金交付申請書 [PDFファイル/159KB] 

 

6 助成金交付申請書の提出期限

  令和5年(2023)年3月31日(金曜日)まで

7 風しんの抗体価検査について

 京都府が抗体検査を無料で実施しています。詳しくは京都府のホームページをご覧ください。


 京都府ホームページ  風しん抗体検査の無料実施について<外部リンク>

8 その他注意事項

妊娠している場合、妊娠の可能性がある場合は接種できません。

また、接種後2か月は避妊が必要です。

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


休日・夜間小児救急

イベントカレンダー

小学生はこちら