ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

児童扶養手当

 

児童扶養手当

父親または母親のいない家庭の児童で、「満18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童」または、「20歳未満で中度以上の障害のある児童」の母または父、あるいはその児童を養育している人に支給されます。また、父親または母親に国民年金のほぼ1級障害程度の重度の障害がある場合も支給されます。(所得制限あり)

支給額(平成31年4月分から:支給対象児童1人の場合)

全額支給

月額42,910円

一部支給

所得に応じて月額42,900円から10,120円まで10円単位の額になります。

 


※第2子については月額5,070円から10,140円まで、第3子以降については、1人につき月額3,040円から6,080円までが所得に応じて加算されます。

平成22年8月より父子家庭のみなさまにも児童扶養手当が支給されるようになりました。
平成24年8月より、父親または母親が裁判所からのDV保護命令を受けた場合にも児童扶養手当が支給されるようになりました。

※児童扶養手当の支給額は毎年度物価変動率により増減する場合があります。