ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 福知山市ふるさと納税 > ワンストップ特例申請について
福知山市ふるさと納税

本文

ワンストップ特例申請について

ワンストップ特例制度について

ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税をした後に確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる制度です。
「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入して、寄附した自治体に送付することで、寄附金上限額内で寄附したうち2,000円を差し引いた金額が翌年の6月以降に支払う住民税から全額控除されます。

<申請条件>

1.もともと確定申告をする必要のない給与所得者等であること。
※年収2,000万円を超える所得者や、医療費控除等で確定申告が必要な場合は、確定申告で寄附金控除を申請してください。

2.1年間の寄附先が5自治体以内であること。
※1つの自治体への複数回寄附は1カウントになります。

3.申し込みのたびに自治体へ申請書を郵送していること。
※複数回申し込んだ自治体には、同一自治体であってもその都度申請書を提出する必要があります。

<申請方法>

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」と、「本人確認書類」を寄附先の自治体に送付してください。

<申請期限>

寄附翌年の1月10日(必着)
※すべての書類が不備なく到着していることが必要です。

申請書の送付について

福知山市では、2019年9月以降の寄附については、すべての寄附者様へ、寄附金受領証明書に同封してワンストップ特例申請書を送付しています。

※寄付金受領証明書の発送時期についてはこちら

2019年8月までに寄附された方やお急ぎの方は下記よりダウンロードするか、寄附されたポータルサイトよりダウンロードしてご利用ください。

  • 申請書は寄附1件につき1通必要です。複数寄附された場合は件数分の申請書と本人確認資料をお送りください。
  • 申請書を提出後、寄附した年の翌年1月1日までに名前や住所等(電話番号を除く)の変更があった場合は「申請事項変更届出書」の提出が必要です。

ワンストップ特例申請書 [PDFファイル/123KB]

ワンストップ特例変更届出書 [PDFファイル/111KB]

本人確認書類について

申請書送付の際は、下記A~Cいずれか組み合わせで本人確認書類を同封してください。
※住所変更している場合は、裏面のコピーも必要です。

A: マイナンバーカード(写真付き)の両面コピー

B: ※通知カードまたは、個人番号が記載された住民票のコピー
  +
  運転免許証または、パスポートのコピ-

C: ※通知カードまたは、個人番号が記載された住民票のコピー
  +
  健康保険証および年金手帳など、公的書類2点以上の写し

※通知カードは令和2年5月25日に廃止されましたが、記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合に限り、引き続き通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用できます。

送付先

〒620-8501
京都府福知山市字内記13-1
福知山市役所 秘書広報課 ふるさと納税担当

申請書の受付通知について

福知山市では申請書の受付通知はポータルサイト登録のアドレス宛にメールで行っております。
郵送での通知は行っていませんのでご了承ください。
受付状況を確認したい場合は、秘書広報課(Tel:0773-24-7000)までお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?