ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 福知山市ふるさと納税 > ふるさと納税とは

本文

ふるさと納税とは

ふるさと納税制度とは都道府県や市町村といった自治体への寄附制度です。
自分の生まれ故郷でなくてもかまいません。好きな街、知り合いが住んでいる街など応援したいと思う自治体に寄附できます。

その際、2,000円を超える分については所得税および住民税から控除されます。(控除額には一定の上限があります)
例えば、年収700万円の給与所得者の方で扶養家族が配偶者のみの場合、30,000円のふるさと納税を行うと、2,000円を超える部分である28,000円(30,000円-2,000円)が所得税と住民税から控除されます。

詳しい制度の内容や、控除額の目安については、総務省ふるさと納税ポータルサイト<外部リンク>をご覧ください。

また、ご自身の正確な控除額を知りたい場合は、お住いの市町村の税務担当課かお近くの税務署までお尋ねください。

ふるさと納税の流れ

  1. 寄附をする
  2. 寄附金の使い道を選ぶ
  3. 返礼品を選ぶ
  4. 返礼品を受け取る
  5. 寄附金受領証明書を受け取る
  6. 確定申告をする
    確定申告の際、寄附金受領証明書が必要になりますので、大切に保管ください。

※ワンストップ特例制度を使う場合
確定申告が不要な給与所得者等で、ふるさと納税先団体が5団体以内の場合、寄附先の自治体にワンストップ特例の申請書を送付することで、確定申告を行わずに税控除(住民税)を受けることができます。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?