ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災情報 > 自主防災組織育成補助金について

本文

自主防災組織育成補助金について

自主防災組織育成補助金

補助金制度の概要 

 福知山市では、年1回、申請のあった自主防災組織に対し、防災資機材の購入や研修等の活動の費用
の一部を助成しています。 

 申請される場合や不明な点は、危機管理室にお問い合わせください。 

注意

補助金交付決定前に支出された活動費は、対象になりません。

補助金交付の内容

新規で自主防災組織を設立するときの費用に対する補助

 【設置補助】防災資機材等の購入費の1/2上限5万円(結成時のみ)
 (組織結成時のみとし、補助金の交付の対象期間は、自主防災組織を結成した年度から翌年度末まで) 

継続した活動に対する補助

 【運営補助】組織の運営経費の1/3を補助上限2万円(年1回)

自主防災組織等が連携して取り組む事業への補助

 概ね小学校区単位の広域で連携し実施する防災訓練、研修、その他啓発に要する経費(資機材整備は除く)の2/3を補助上限4万円

補助対象経費の内容

項目

補助対象経費の内容

情報連絡用
資器材購入費

電池メガホン、携帯用無線機、ラジオ等の購入経費

初期消火用
資器材購入費

消火器、水バケツ、砂袋、可搬式動力ポンプ、消火栓用ホース、ヘルメット、防火衣等の購入経費

水防用
資器材購入費

救命ボート、救命胴衣、防水シート、シャベル、ツルハシ、スコップ、ロープ、かけや、くい、土のう等の購入経費

救出用
資器材購入費

はしご、のこぎり、スコップ、ハンマー、ロープ、ジャッキ、エンジンカッター、ヘルメット等の購入経費

救護用
資器材購入費

担架、救急セット、テント、毛布、シート等の購入経費

避難誘導用
資器材購入費

強力ライト、標識、ロープ、メガホン、警笛等の購入経費

給食給水用
資器材購入費

釜、鍋、カセットコンロ、給水タンク、ろ水機、ガスボンベ等の購入経費

その他
資器材購入費

資器材格納庫、リヤカー、ビニールシート、避難所環境改善資材等の購入経費

保険料

自主防災活動における保険料

消耗品費

用紙、事務用品等の購入経費

啓発活動費

啓発チラシ、啓発冊子等の作成に係る経費

訓練活動費

防災訓練に係る原材料費、会場使用料及び保険料

研修費

防災に係る意識及び知識の向上を目的とする研修の実施に要する経費

その他特に必要と認めるもの

申請期間

 毎年4月1日から3月31日まで 

申請方法と補助金交付の流れ

→申請書類・補助金交付要綱等はこちら

注意

補助金交付決定前に支出された活動費は、対象になりません。

補助金交付申請書の提出(第1号様式)

添付書類…規約・組織図・予算書・口座振替払依頼書(提出時に通帳を確認させていただきます)・受領
に関する委任状(自治会の会計を指定する場合)の各書類添付

        ↓

交付決定(交付決定通知書を発行します)

        ↓

事業着手(資機材購入等)

        ↓

実績報告書の提出(第2号様式)

添付書類…決算書・交付決定写・購入資機材写真等・領収書写・請求書等
領収書の宛名は自主防災組織名でお願いします。
事業完了日から起算し1ヶ月以内・翌年度の4月5日までのいずれか早い日までに提出

        ↓

補助金交付(振込み)

自主防災組織の規約(簡素化)

 高齢化や過疎化により役員等の設定や書類作成が困難である自治会に対して要件を緩和した認定基準を設け、自主防災組織の設置を支援しています。 

要件緩和による認定基準

 規約に規定すべき条項は下記のとおり→規約例・連絡体制例はこちら[その他のファイル/180KB]

  1. 組織名
  2. 組織の目的
  3. 本部の設置
  4. 地域の総意

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?