ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > おくやみごとに関する手続き > 市営住宅の継続使用(承継)

本文

市営住宅の継続使用(承継)

市営住宅の名義人が転出・死亡した場合で、次のすべてに該当する場合は、市営住宅の継続使用(入居の承継)が可能です。
・継続使用しようとする者の同居期間が1年以上経過している。
・継続使用後の世帯の収入(月額所得)が31万3千円以下であること。
・従前の入居者および同居者が不正入居、家賃の滞納、故意による住宅の破損、保管義務違反等をしていない。

継続使用の申請

市営住宅承継承認申請書に必要事項を記入し、従前の名義人が転出・死亡したことがわかる書類を添付してください。

請書の提出

市営住宅承継承認申請書の提出後、請書(2部)をお送りしますので、必要事項を記入後、印鑑登録済みの印鑑を押印し、2部とも提出してください(確認後、1部は返送します)。
請書の提出時には、印鑑登録証明書1部を添付してください。

口座変更の手続き

市営住宅の継続使用により、家賃の支払い口座が変更となる場合は、変更の手続きをお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)