ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

小児接種(5歳から11歳)のお知らせ

5歳から11歳の方も、新型コロナワクチンを受けられるようになりました。福知山市に住民票のある対象となるお子さまには、接種券などを送付します。
ワクチンの接種を受けることは、義務でも強制でもありません。また、小児接種においては、「努力義務」の適用はありません。詳細につきましては、「厚生労働省ホームページ なぜ小児(5歳~11歳)の接種は「努力義務」が適用されていないのですか」<外部リンク>をご確認ください。

ワクチンの接種によって期待できる効果と、副反応のリスクの双方について考慮いただき、接種を受けるご本人(お子さま)と保護者がよくご相談のうえで接種を受けるかどうかを判断してください。
周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていないことを理由に差別的な対応をすることのないようお願いします。

小児接種の概要ついて

対象者

5歳~11歳の接種を希望する福知山市民

使用するワクチン

ファイザー社製小児用ワクチン(5歳~11歳用)
接種する有効成分は、12歳以上で接種する量の3分の1になります。詳しくはこちら<外部リンク>

接種回数

3週間の間隔をおいて合計2回接種

接種方法

個別接種(医療機関での接種) / 集団接種(市が実施する接種)

接種券の発送について

2月28日(月曜日)に対象者全員に接種券を発送しました。

接種当日にお持ちいただくもの

  • 接種券
  • 予診票(あらかじめ記入のうえ、お持ちください)
  • 接種を受けられる方の本人確認書類(健康保険証など)
  • 母子健康手帳
  • お持ちの方はお薬手帳もご持参ください。

ワクチン接種の効果について

小児接種にかかる効果などは、厚生労働省新型コロナワクチンQ&A<外部リンク>をご覧ください。

副反応について

小児接種にかかる副反応については、こちらのQ&Aをご覧ください。

その他

接種には、保護者の同意と立ち合いが必要です。

個別接種(医療機関での接種)について

実施可能医療機関

8医療機関

  • あだち小児科クリニック(準備中)
  • 岩坪医院
  • こどもクリニックにっしんどう
  • 藤原小児科医院
  • 古川医院
  • 古木内科医院
  • 市立福知山市民病院
  • 市立福知山市民病院大江分院

予約方法 

医療機関の予約方法をまとめた資料はこちら [PDFファイル/796KB]

あだち小児科クリニック、岩坪医院、こどもクリニックにっしんどう、藤原小児科医院、古川医院、古木内科医院

  1. Web予約システムからの予約<外部リンク>
  2. 電話での予約
    コールセンター予約専用電話番号 0773-45-8874
  • 各医療機関では、予約受付を行っていませんので、 Webサイトあるいはコールセンターでの予約をお願いします。
  • 予約は、必ず保護者が1回目・2回目を併せてとってください。
    適切な間隔で2回目接種ができるよう、1回目予約の時に2回目予約を同時にすることをお勧めします。
  • 接種当日のキャンセルは、必ず各医療機関へ直接連絡してください。
  • 受診歴のない方も予約できます。
  • 1回目と2回目で医療機関が異なっても予約できます。
  • Faxでの予約もできます。希望される方は、その旨を新型コロナワクチン接種コールセンターFax(0773-45-8576)まで送付してください。
  • Webサイトに登録いただいた個人情報は予約医療機関と共有します。

市立福知山市民病院

医療機関へ直接予約してください。

  • 予約専用番号 070-1426-3476
  • 予約受付時間 午後2時から午後4時
  • 予約受付日 月曜日から金曜日(祝日を除く)
  • 受診歴のない方は病院へお問合せください。

市立福知山市民病院大江分院

医療機関へ直接電話予約してください。

  • 予約専用番号 080-8531-7417
  • 予約受付時間 午前9時から午後3時
  • 予約受付日 月曜日から金曜日(祝日を除く)
  • 受診歴のない方は病院へお問合せください。

集団接種(市が実施する接種)について

会場

ハピネスふくちやま(福知山市内記100)
集団接種スケジュールはこちら [PDFファイル/647KB]をご確認ください。

予約方法

  1. Web予約システムからの予約<外部リンク>
  2. 電話での予約
    コールセンター予約専用電話番号 0773-45-8874
    (月曜日~金曜日・祝土日を除く 午前9時から午後5時)
  • コールセンターの予約専用電話は、お間違えのないようにお願いします。
  • お電話が集中した場合は、繋がりにくくなることがあります。時間をおいて、お電話をいただきますようお願いします
  • 予約日において都合が悪くなった場合は、早めにキャンセルしていただきますようお願いします。
    (キャンセルはWeb、電話からできます)

小児接種にかかるQ&A

Q なぜ小児(5~11歳)の接種が必要なのですか?

A 小児においても発症予防効果が確認されています。

感染者数の増加とともに、中等症や重症例が確認されており、特に基礎疾患があるなど、重症化するリスクが高い小児は接種の機会を提供することが望ましいとされています、また、今後様々な変異株が流行することも想定されるため、小児を対象にワクチン接種を進めることとされました。

Q 12歳以上と異なって「努力義務」が適用されていないのはなぜ?

A 現時点ではオミクロン株への効果が十分に確認できていません。

現時点では、ワクチン接種によるオミクロン株への発症予防効果・重症化予防効果に関するエビデンス(根拠)が十分に得られていないため、小児については努力義務が摘要されていません。なお、成人においては、オミクロン株に対する発症予防効果や入院予防が確認されています。

Q 12才以上が受けるワクチンとどう違うの?

A 小児用のファイザー社製ワクチンを使用します。

1回に接種する量は、12歳以上が0.3mlであることに対し、5~11歳は0.2mlです。有効成分は、12歳以上のワクチンの3分の1になります。

Q どんな副反応があるの?

A 副反応の種類や発現頻度は成人と大きな違いはありません。

子どもは副反応の症状をうまく説明できなかったり、副反応に気付かない場合もあるので、子どもの体調の変化には、注意深く気を付ける必要があります。
なお、当日から翌日にみられる発熱や痛みには、市販の小児用鎮痛解熱剤を使えます。

症状が出た子どもの割合
症状  
50%以上 注射した部分の痛み(1回目74%、2回目71%)
疲れた感じ(1回目34%、2回目39%)
10~50% 頭痛(1回目22%、2回目28%)、注射した部分の赤身・はれ、筋肉痛、寒気
1~10% 下痢、発熱(38度以上では1回目2.5%、2回目6.5%)
関節痛、嘔吐

その他の症状

  • アナフィラキシー
    接種したすぐ後、通常30分以内に起こる重度のアレルギー反応です。以下のような症状や何か異常を感じたら、ただちに、接種医療機関の医師や看護師に伝えてください。
    ・皮膚症状:皮膚のかゆみ、じんま疹、紅斑、皮膚の発赤など
    ・消化器症状:腹痛、吐き気など
    ・視覚症状:視覚の異常
    ・呼吸器症状:声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさなど
    ・ショック症状:蒼白、意識混濁など
  • 血管迷走神経反射
    ワクチン接種に対する緊張や痛みなどをきっかけに誰でも起こりうる体の反応で、立ちくらみや血の気がひく(時には気を失うこともある)ような症状があらわれます。通常、横になって休めば自然に回復します。空腹で接種に臨まないよう、また接種時にはリラックスできるようなお声かけをお願いします。
  • 心筋炎・心膜炎
    ごく稀ではあるものの、ワクチン接種後に心筋炎や心膜炎を疑う事例が報告されています。接種後数日以内に胸の痛みや動悸、息切れ、むくみ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。米国では、12~17歳男子に比べ5~11歳男子の方が、心筋炎が報告される割合は低かったことが確認されています(接種100万回にあたり数回程度)。

Q 2回目までに12歳になる場合はどうなるの?

A 小児用ワクチンで接種します。

1回目の接種時に11歳で、2回目接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用ワクチンを使用します。

Q 他の予防接種への影響は?

A 異なるワクチンとは2週間あけて接種します。

新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後の同じ曜日の日以降に接種できます。新型コロナワクチン以外の定期接種の時期を逃さないようご注意ください(麻疹・風疹混合(MR)2期など)。

Q 予約をとるときに気を付けることは?

A 1回目予約のときに2回目予約も併せてしてください。

1回目接種後、3週間後に2回目を受けます。小学校・保育施設の生活スケジュールや保護者の仕事の予定等を考慮して、予約を取るようにしてください。

Q 新型コロナワクチンは、成長期の子どもにとって安全?

A 長期的な副反応の可能性は考えにくく、もし起こったとしても、非常に稀だと考えらえます。長期的な副反応については、今後も評価が続けられます。

新型コロナワクチンは、臨床試験で安全性を確認してから特例承認されています。長期的な反応は、ほとんどの場合「接種をしてから6週間以内」に起こることが知られています。mRNAワクチンは、

  • 原理的に遺伝子に組み込まない
  • 成分は比較的短時間で分解される
  • ワクチンによってできるたんぱく質も長期に残らない

これらの特性から、長期的な副反応の可能性は考えにくく、もし起こったとしても、非常に稀だと考えらえます。mRNAワクチンの知見が始まって、すでに1年半以上が経過していますが、ワクチン接種から半年以上経過して新たに生じるような副反応は報告されていません。長期的な副反応については、今後も評価が続けられます。

こちらのWebサイトもご覧ください

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


事業者向け情報

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?