ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 農林業 > 伐採及び伐採後の造林の届出書提出のお願い

本文

伐採及び伐採後の造林の届出書提出のお願い

届出書について

 森林法(第10条の8)の規定により地域森林計画に含まれる森林について立木を伐採する森林所有者等は「伐採及び伐採後の造林の届出書」を市町村長へ提出しなければならないとされています。なお、保安林や林地開発などの場合は、別の許可が必要となります。

 無届伐採を発見した場合は、直ちに伐採行為を中止して頂き、必要な指導処置をさせて頂きますのでご承知下さい。
 福知山市長へ届出をせず、悪質な場合は警察等関係機関への連絡を行う可能性もあります。また、違反が認められた場合は100万円以下の罰金に処する事になっています。

伐採届は市役所産業政策部農林業振興課にありますのでご利用下さい。

届出義務者

森林所有者(自分で伐採する場合、または請負による伐採の場合)

伐採業者などが森林所有者から山林の立木を買い受けて伐採する時は買い受けた人
(森林所有者と連名での届出になります。)

届出時期

伐採を始める90日から30日前までに届出

1ha超える林地を開発する場合は林地開発許可制度に従い京都府知事の許可が必要になります。
平成23年4月の森林法改正により、平成24年4月以降、伐採届の様式が変更されています。

伐採及び伐採後の造林の届出等の制度の画像

伐採及び伐採後の造林の届出等の制度[PDFファイル/480KB]

様式

伐採及び伐採後の造林の届出書[Wordファイル/21KB]

伐採及び伐採後の造林の届出書[PDFファイル/57KB]

両面印刷でご利用ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?