ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 福知山市上下水道部 > 貯水槽水道・受水槽の適正な管理について
福知山市上下水道部

本文

貯水槽水道・受水槽の適正な管理について

1.受水槽を設置しているみなさまへ

  ビル、マンション、学校、病院などの多くは、水道水を受水槽、高架水槽を通じて給水しています。受水槽の設置者は、水道法、福知山市水道事業給水条例により受水槽の適正な管理をお願いします。

2.簡易水道

  1. 簡易専用水道
    市町村等の水道事業体から供給を受ける水のみを水源とする飲料水の供給施設で、受水槽の有効容量の合計が10立方メートルを超えるものをいいます。
  2. 小規模貯水槽水道
    市町村等の水道事業体から供給を受ける水のみを水源とする飲料水の供給施設で、受水槽の有効容量の合計が10立方メートル以下のものをいいます。

3.有効容量

  水槽において適正に利用可能な容量をいい、水の最高水位と最低水位との間に貯留されているものをいいます。

4.貯水槽水道の管理

  簡易専用水道の設置者は、水道法で定める基準に従って簡易専用水道を管理することが義務づけられています。その基準は供給される水の安全衛生を確保するために通常必要とされるものであり、次のことを守ってください。

  小規模貯水槽水道の設置者は、福知山市水道事業給水条例、同施行規程で定める基準に従って管理することが努力義務となっています。(簡易専用水道に準じています。)

  1. 水槽の清掃を1年以内ごとに1回、定期に行うこと。
  2. 水槽の点検等有害物、汚水等によって水が汚染されるのを防止するために必要な措置を講ずること。
  3. 給水栓における水の色、濁り、臭い、味等に異常を認めたときは、必要な項目に関する水質検査を行うこと。
  4. 供給する水が人の健康を害するおそれがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、かつ、その水を使用することが危険である旨を関係者に通報すること。(関係者とは利用者及び保健所等をいう。)

5.定期検査

  簡易専用水道の設置者は、水道法で定めるところにより、1年以内ごとに1回、定期に厚生労働大臣に登録した検査機関に依頼して検査を受けなければならない。 小規模貯水槽水道の設置者は、福知山市水道事業給水条例、同施行規程で定めるところにより検査を受けてください。(簡易専用水道に準じています。)

建築物衛生法京都府知事登録一覧表(貯水槽清掃業)[PDFファイル/103KB]

厚生労働大臣登録検査機関 下記アドレスをクリックしてください。

厚生労働省ホームページ<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)