ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ようこそ教育長室へ > 廣田教育長あいさつ(令和6年1月9日)
ようこそ教育長室へ

本文

廣田教育長あいさつ(令和6年1月9日)

ページID:0061565 更新日:2024年1月9日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

教育長あいさつ

 廣田教育長

 

教育長 廣田 康男

 

 

 新春を迎え、謹んで新年のご挨拶を申しあげます。

 平素より本市教育行政の推進に、深いご理解とご協力をいただき、心より厚くお礼申しあげます。

    令和6年、能登半島地震により甚大な被害が発生しました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申しあげます。

 さて、新型コロナウイルス感染症の位置付けが昨年5月に5類に移行されたものの、昨年後半はインフルエンザが猛威を振るう等、各学校においては安定した運営がなかなか難しい状況がありました。そうした中でも、様々な行事等が計画されていた2学期、児童生徒の貴重な学びの場、体験の場づくりを、各校では工夫を凝らしながら進めてきました。

 これも一人一人の「なりたい自分になる」の実現を支援する一環でありますが、引き続き「デジアナ教育(デジタルの有効性と従来のアナログ的な教育手法の良さの融合)」を推進するとともに、学校が夢や目標の達成に向けて、お互いの考えや特徴、価値観等、その多様性を認めて尊重し合える居心地の良い場所となるよう、一丸となって取り組んでいきます。

    また、可能な限り一人一人の状況に応じた「多様な学び」の機会の確保へ向けて、関係機関と連携しながら今後も研究を進めていきます。

    社会教育では、現在、地域公民館・体育館の大規模改修等を進める中、昨年10月には日新地域公民館・体育館がリニューアルオープンし、これまで以上に多くの方々にご利用していただいています。包括支援センター等を設置し、市民の皆様の生き生きと豊かな暮らしを実現する多機能型施設として、充実した運営をめざしていきます。

    今年も「教育のまち 福知山」にふさわしい教育行政を展開し、本市の教育目標である「自分のために 人のために 社会のために ともに幸せを生きる人材の育成」へ向けて、努めてまいります。

    本年も変わらぬご支援とご協力をお願い申しあげ、新年のご挨拶とさせていただきます​。

    (令和6年1月9日作成)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?