ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 市民課 > 市営墓園に関する手続き

本文

市営墓園に関する手続き

市営墓園に関する手続きについて

 市営墓園を使用する際の主な手続き等については、以下のとおりです。
 必要な手続きをされていない場合、将来、使用ができなくなる場合や不都合が生じる場合がありますので、必ず手続きを行ってください。
 各届出と併せて必要書類(各様式内に記載)を添付し提出してください。

※郵送での手続きが可能です。
 【郵送先】〒620-8501 京都府福知山市字内記13番地の1
             福知山市役所 市民課市民生活係あて

墓所内工事着手届

 市営墓園の使用許可を受けておられる方が、区画内に墓碑や形像類を設置する工事を行うときに必要となる届出です。工事を行う前に提出してください。
 設置する墓碑や形像類には制限があります。(福知山市墓園条例施行規則 第7条)
 届出が規則を満たしている場合、墓所内工事許可書が交付されます。許可書交付後に工事に着手していただくことができます。

 

福知山市墓園条例施行規則
(使用墓所内の施設制限)
第7条 条例第8条第3項に規定する墓碑、形像類の制限は、次の各号のとおりとする。
(1) 墓碑、形像類及び附属工作物と境界ブロック内面との間には、20センチメートル以上の距離を保つこと。
(2) 墓碑の高さは、境界ブロック天端より2メートルを超えないこと。
(3) 形像類の高さは、境界ブロック天端より1.5メートルを超えないこと。

墓所納骨(改葬)届

 市営墓園の使用許可を受けておられる方が、区画内のお墓に納骨するときに必要となる届出です。納骨前に提出してください。

墓所使用権承継許可申請

 市営墓園の使用許可を受けておられる方の死亡などにより、祭祀の主宰が困難となったとき、次に祭祀を主宰される方に使用権を承継することができます。
 使用権を承継しようとするときに必要となる許可申請です。

墓所返還届

 市営墓園の使用許可を受けておられる方が、墓地が不要になったなどにより区画を市へ返還するときに必要となる届出です。
 返還に際し、お骨の移動が必要となる場合は、事前に改葬許可申請を行ってください。
 また、墓碑や形像類を撤去し雑草を取り除くなど区画内の原状回復を行っていただく必要があります。

※使用料は還付しません。ただし、条件によっては使用料の還付を受けることができる場合があります。(福知山市墓園条例 第11条)
※墓園管理組合の組合費は、返還届の提出があった翌月から月割計算により還付します。

 

福知山市墓園条例
(使用料の還付)
第11条 既納の使用料は還付しない。ただし、使用者が墓所を使用することなく返還したときは、使用許可の日から起算して、3年以内に限り、既納の使用料の70パーセントに相当する額を還付することができる。

墓所使用者住所等変更届

 墓所使用許可書の記載事項(住所等)や連絡先(電話番号)などに変更があったときに必要となる届出です。

墓所管理代理人届

 市営墓園の使用許可を受ける方は、市内に住所を有していることが原則となります。そのため、市営墓園の使用許可を受けておられる方が市外へ転出されたときや承継者が市外に住所を有する場合などに、市内在住の墓所管理代理人を定める必要があります。
 墓所管理代理人を定めようとするときに必要となる届出です。

墓所使用許可書紛失届

 市営墓園の使用許可を受けておられる方が、墓所使用許可書を紛失されたとき、再交付を受けるために必要となる届出です。

改葬許可申請

 市営墓園から他の墓地へ、または他の墓地から市営墓園へお骨を移動させるときに必要となる許可申請です。移動前に提出してください。
 詳しくは改葬をされるときはをご覧ください。 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?