ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

草創期縄文土器深鉢

縄文土器深鉢の画像

草創期縄文土器深鉢(府指定、考古資料)

員数 1個

高さ 8.2cm
口径 10.4cm
器壁厚さ 5mm

 昭和47年(1972)京都短期大学運動場造成に伴い、武者ヶ谷2号墳の発掘調査が行われました。その調査で同古墳の下層から1点の縄文土器(写真)がほぼ完全な形で発見されました。
 これは縄文時代草創期にまで遡る全国的にも最古級の土器で、他に類を見ない特徴から後に「武者ヶ谷式土器」の名称が与えられました。口縁部には幅1cmのタガ状の隆帯が1周し、この隆帯上に1辺約2mmの棒状のもので突き刺した刺突紋が上下2列にめぐっています。
 こちらの資料は現在、福知山市郷土資料館にて展示しています。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?