ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

日本の鬼の交流博物館

日本の鬼の交流博物館

外観

住所京都府 福知山市 大江町仏性寺(佛性寺)909

電話番号0773-56-1996

Fax番号0773-56-1996

 

日本の鬼の交流博物館のホームページは、こちらからご覧ください。


「日本の鬼の交流博物館」では、大江山の鬼伝説の紹介をはじめ、全国各地の鬼にまつわる伝統芸能、世界の鬼面などが展示され「鬼とは何者なのか」について考えることができます。


内観

開館時間

 

開館時間:午前9時~午後5時
休館日:毎週月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)

 

入館料


(個人) (15人以上の団体)

  • 一般 330円 (1人につき260円)
  • 高校生 220円 (1人につき170円)
  • 小中学生 160円 (1人につき130円)

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を所持している方、およびその介護の方1名は入館料が半額となります。

鬼とは何者?

資料画像1『魑魅魍魎』
「祀られる鬼」「仏と鬼」「神楽の鬼」「暮らしの中の鬼」「追われる鬼」「民俗芸能の鬼」など、鬼面と写真で鬼をジャンル別に展示しています。
「追ったり」「追われたり」「親しんだり」「恐がったり」と鬼とは不思議な存在です。
外国の仮面を見ていると、日本の鬼とはずいぶん違いますが、魔なるものへの畏れの気持ちは万国共通であることが感じとれます。

大江山の鬼伝説

 

資料画像2『酒呑童子絵巻』


大江山には3つの鬼退治の伝説が残っています。

交通のご案内

鉄道で(京都・大阪から2時間)

JR山陰本線、福知山駅下車。京都丹後鉄道宮福線に乗り換え、大江駅へ。

自動車で

舞鶴若狭自動車道福知山IC、または京都縦貫自動車道舞鶴大江IC下車。
国道175号線で福知山市大江町へ。さらに国道175号線より府道9号線へ入り大江方面へ。
※いずれも大江駅から車で15分程度です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?