ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 文化・スポーツ振興課 > 木造阿弥陀如来立像、観音菩薩立像、勢至菩薩立像(瑞光寺)

本文

木造阿弥陀如来立像、観音菩薩立像、勢至菩薩立像(瑞光寺)

木造観音菩薩立像の画像
木造観音菩薩立像
木造阿弥陀如来立像 の画像
木造阿弥陀如来立像

木造勢至菩薩立像の画像
木造勢至菩薩立像

瑞光寺 阿弥陀如来立像・観音菩薩立像・勢至菩薩立像(市指定)

福知山市夜久野町千原中千原(鎌倉時代)

本堂の壇上、最高・最奥の場所に安置される本尊で、いわゆる阿弥陀三尊である。中尊の阿弥陀は、衣を着して裳を着けて右手を胸前にして第1・2指を捻じ、左手は軽く垂下して第1・2指を捻じて左足を軽く踏み出して蓮台上に立つ。ヒノキ材制で、頭部は頭頂部を別材とし、両耳後で割矧ぎ、体幹部は両肩中央で前後二材矧ぎとし、像底は刳り上げて漆箔とする。現在、彫眼。右手先、左手全指、両足先、像底を除く漆箔など後補。全体の姿は平安後期の印象だが、頬や顎の量感,鋭い眼などから、制作は鎌倉前期と推定される。

両脇侍像は、蓮華(亡失)を捧げる観音菩薩と合掌する勢至菩薩の立像で、二段折り返しの裳を着けるところは共通する。割矧ぎ造りと思われる構造も共通する。しかしながら、両者の顔立ちや表情,裳の折り返しの形などは異なり、作者を異にする。制作は中尊より降るかと思われる。阿弥陀、観音、勢至とも作者が異なると思われるが、町内における鎌倉時代の阿弥陀三尊像として、重要である。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?