ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 文化・スポーツ振興課 > 木造釈迦如来坐像(清太院)

本文

木造釈迦如来坐像(清太院)

木造釈迦如来坐像(清太院)の画像

清太院 釈迦如来坐像(市指定、彫刻)

 福知山市夜久野町直見副谷(南北朝時代)

 螺髪を表した頭部をし、天衣、裳を着けて、定印を結んで、右足を上にして蓮台上に結跏趺坐する。ヒノキ材、割矧ぎ造り、彩色の像で、眼は彫眼か玉眼かは不明。体幹部は前後矧ぎとして前後の材から束を出しおり、一部が残存している。像心束は切断されている。

 丸みのある顔や肱を張った自然さ、まだ写実味のある衣文などから、制作は南北朝時代後期頃と推定される。体幹部の前後材から束を出す技法は、院派の技法で、院派は当時主流の仏師集団の一つであった。この期の院派の作品として重要である


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?