ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 文化・スポーツ振興課 > 木造薬師如来坐像(桑村薬師堂)

本文

木造薬師如来坐像(桑村薬師堂)

木造薬師如来坐像(桑村薬師堂)の画像

24 畑 薬師堂 薬師如来坐像(市指定)

福知山市夜久野町畑桑村(平安時代)

桑村薬師堂の本尊として安置されている、いわゆる半丈六の薬師如来坐像である。衣を着け、右手を屈し、五指を伸ばして掌を見せ、左手は膝上にして薬壷を乗せている。

ヒノキ材制で、頭部には耳後ろを通る線に矧ぎ目、体幹部には両肩中央を通る線に矧ぎ目がある。体幹部に両肩先材、膝前横一材を寄せる。膝前材などを後補とするが、頭部・体幹部のほとんどは当初で、きれいに揃えられた螺髪、丸顔に配された大きな孤の眉や眼などから制作は平安末期頃と推定される。本町の洗練された作風の大像として貴重である。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?