ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

木造金剛力士像(観興寺)

木造金剛力士像(観興寺) の画像

44 観興寺 木造金剛力士像(市重要)

観興寺(かんこうじ) 福知山市字甘栗586

二軀 像高209cm

通有の形態をとる金剛力士像である。眼は古い形態の彫眼で、岩座の上に立つ。金剛力士像としては誇張が少なく形体がよく整っており、鳩尾が非常に盛り上がって力感もよく表現している。

最近修理して彩色を施し、裳裾は下地に白の胡粉を塗り、その上に桐と鳳凰の絵を鮮やかに入れている。このため、当初の造像法がわからず、制作年代が明確ではないのが惜しまれる。いずれにしても南北朝期を下るものではない。

また、彫眼については、何らかの理由で玉眼ではなく彫眼としたものと思われる。修理の際、像内に「金剛仏子良快」の墨書銘があったといわれるが、確証はない。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?