ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

木造男神坐像(一宮神社)

木造男神坐像(一宮神社)の画像

2 一の宮神社木造男神坐像(府指定)

福知山市字一の宮 一軀 像高58.0cm 一木造

本像は、仁徳天皇像と伝えられ、三岳一の宮神社の主神としてまつられている。冠をかぶり袍(ほう)を着け胸前で笏(しゃく)を持って坐る姿の男神像である。木心を中央前方に避けた檜の一材より両手を含む頭.躰部のすべてを彫出し、内刳(うちぐり)も施さない。現状は瞳を墨描する他、素地を呈している。

頭.躰部とも幅.奥行ともに量感があり、ことに分厚い両膝をがっしりと張り、深く組んだ表現など、作風.技法に平安前期の風を多分に伝えている。衣縁を複雑な曲線で構成し、一部には深い彫り口を見せるが、概して神像特有の簡素な表現で、両眼を大きく見開いた相貌など全体に素朴な趣がある。制作年代は、9ないし10世紀である。この種の神像としては大ぶりな像である。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?