ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

木造金剛力士像(威光寺)

木造金剛力士像(威光寺)の画像

45 威光寺 木造金剛力士像(市重要)

威光寺 福知山市字下佐々木742

二軀  像高222cm

通有の形態をとる玉眼嵌入の金剛力士像である。運慶の流れをくむ優れたもので、忿怒をあらわす顔にはみるべきものがある。しかし、下半身には後補の跡があり、裳裾の動きなど全体に弱さがみられ、様式化された感がある。作風から室町時代前期の作とみられる。

威光寺に残る宝暦五年(1755)の「仁王再興権化帳」によると、文治三年(1187)運慶の作というが確証はない。その後、法橋運長と北川縫殿(京油小路)が修理し、宝暦五年に再度、京室町松原の水谷作之進が修理したことがわかる。さらに、近年の修理に伴い、改変された様子がうかがえるのは残念である。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?