ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 文化・スポーツ振興課 > 木造釈迦如来坐像(日尾公会堂)

本文

木造釈迦如来坐像(日尾公会堂)

木造釈迦如来坐像(日尾公会堂)の画像

15 日尾 釈迦堂 木造釈迦如来坐像(市指定)

日尾(ひのお)釈迦堂 福知山市字日尾

一軀 像高83.7cm

天神神社に隣接する公会堂にまつられており、愛宕山常願寺より移したものと伝えられる。檜の一材より両肩を含む頭.躰幹部を彫出し、前後に割って内刳を施す。像表面の漆箔、左手先は後補であるが、概ね保存状態は良好である。

いわゆる平安時代後期の和様(わよう)に則った温和な造形で、法衣(ほうえ)には浅く形式化した衣文をあらわしている。しかし、その表情は厳しく、両頬に張があり、頭.躰幹部とも奥行きは深い。

全体に造形のしっかりした像で、制作は12世紀と考えられる。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?