ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 文化・スポーツ振興課 > 木造十一面観音坐像(大信寺)

本文

木造十一面観音坐像(大信寺)

木造十一面観音坐像(大信寺)の画像

14 夷 大信寺 木造十一面観音坐像(市指定)

夷(えびす) 福知山市字夷

一軀  像高57.0cm 寄木造

大伸寺境内に夷自治会管理の小堂があり、平安時代後期の十一面観音坐像と、鎌倉時代初期の薬師如来坐像が安置されている。

十一面観音坐像は、檜材を用い、体の前後と頭、胴を割り矧ぎ、膝は横1材で矧いでいる。典型的な平安時代末期の定朝様の仏像で洗練された作風である。頭上の小面のすべて、両腕先、両肩より垂れた天衣や裾前.光背.台座、及び表面の彩色はすべて後補である。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?