ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 文化・スポーツ振興課 > 木造薬師如来坐像(大信寺)

本文

木造薬師如来坐像(大信寺)

木造薬師如来坐像(大信寺)の画像

39 大信寺 木造薬師如来坐像(市重要)

大信寺 福知山市字夷173

一軀 像高73.0cm

頭・躰幹部を檜の一材で造り、両耳付近で前後に、また首まわりで頭と胴を割り矧ぎ、内刳を施す。量感のある仏像で、鎌倉時代の写実的作風をあらわすが、彫眼(ちょうがん)である。顔立ちは穏やかで目鼻立ちが小振りなのが特徴である。これらの特徴から鎌倉時代に、中央の彫刻様式をまねて造られた地方作と思われる。

光背・台座は後補で、保存状態が悪く漆箔の剥落や両足の虫蝕が激しいのが惜しまれる。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?