ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 文化・スポーツ振興課 > 木造観音菩薩立像(旧大日寺)

本文

木造観音菩薩立像(旧大日寺)

木造観音菩薩立像(旧大日寺)の画像

28 大油子 大日寺 観音菩薩立像(市指定)

福知山市夜久野町大油子(平安時代)

「大山観音」として、信仰されてきた像で、堂内厨子に安置されている。右手垂下、左手屈して胸前で水瓶を執り、一段折り返しの裳を着け、蓮台上に直立する。天衣二条は幅広く膝の上下をわたる。ヒノキの一材から彫出し、背面肩下がりから地付き部まで内刳りを施して蓋板を当てる。地付き部から朽損が進んでおり、像底、両足は新補としている。表面の彩色も新補である。

面長でプロポーションがよく、広い肩に腰を絞った伸びやかな姿は、天平の風があるが、下半身はどっしりと重く、裳の折り返しや天衣の彫りは深い。平安時代9世紀の制作と推定される。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?