ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

かごの木・むくの木

かごの木・むくの木の画像

4 かごの木.むくの木(市指定 天然記念物4)

福知山市字池田

往年の京街道、現在の国道9号線沿いの市内字池田小字大神宮195番地に、かごの木.むくの木が相寄り並び立っているもので、両方とも樹齢数百年を経ている巨木である。特にかごの木は、近隣には珍しい木でしかも巨木であり、学術上参考となるものである。俗にこの地点を通称「かごの木」と呼ぶが如く、数百年前より郷土の人々に親しまれ、又京街道を旅する人々に美しい景観を供してきたものである。

そしてむくの木も、かごの木に隣生し稀にみる巨木で、学術的にも参考になるものであり、かごの木と並び立ち一層の景色をそえている。

尚、昭和45年1月の調査によると、かごの木の周囲7.7m、高さ7m、むくの木の周囲5.4m、高さ17.8mとなっている。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?