ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

紙本墨書地蔵本願経

 

6 天寧寺紙本墨書地蔵本願経(市指定、書籍4)

紙本墨書地蔵本願経の画像

天寧寺 福知山市字大呂  一巻 巻子装 縦15.0cm 全長220.0cm 49紙継ぎ

文明八年(1476)天寧寺の当時の住職であった守瑤(しゅほう)が書いた奥書によると、この経は愚中周及の真蹟であるという。

末法思想の盛んであった平安中期以降、地蔵信仰はとくに広まり、室町に入ると足利尊氏をはじめとする貴顕の中にも、また、禅僧の間でもごく一般的にみられる現象であった。愚中のような高僧も、この経のごとくみずから経を書くというように、例外でなかったことがうかがわれて興味深い。

(奥書)

 右此經者」   乃祖上大通禅師大和尚之」

 真蹟也然小師」   月窓松長老受持讀誦」

 而禮敬供養心常切者乎」   厥風致高邁劉☆磨三」

 ☆山旨可観也」   旹文明丙申亗林鐘日」

 天寧住持守☆焚香」


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?