ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

天座の田楽

 

3 天座の田楽(府登録・市指定 無形民俗3)

 天座の田楽の画像

 天座(あまざ)文化財保存会 福知山市天座

 この田楽は、上野条にある御勝八幡宮の25年に1度の大祭に大歳神社の氏子が奉納した芸能であるが、現在は天座(あまざ)区として奉納している。

 鳥とび、ビンザサラ、猩々舞(しょうじょうまい)の三つの舞があり、「烏とび」は、踊り手3人が笛に合わせて扇をかざしたりしながら、やや膝を曲げて左右にとぶ。「ビンザサラ」は、太鼓・鼓が立ち回らず、ビナザサラ役12人が正面を向いて2列に並び、位置を変えずにビンザサラを目八分の高さで打ちながら踊る。「猩々舞」は、2人が扇をもって相舞する。

 烏とびとビンザサラは田楽踊を伝えたものであるが、田楽の基本形である左右対称に動く点などが全く伝えられていないなど単純化が進んでいる。また、猩々舞は能舞の「猩々」を取り入れたものと思われ、舞に詞がついた振りが目立つが、相舞にするなど能の面影が残されている。しかしこうしたものが山深い天座に残されていることは貴重であり、興味深い。

なお、この田楽は昭和44年から3年に1度、大歳神社の秋祭り(10月第2日曜日)に行われている。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?