ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

備蓄銭、壷

4 備蓄銭6,215枚、壷1点(市指定 考古資料5)

備蓄銭、壷の画像1

備蓄銭、壷の画像2

 福知山市三和町 個人蔵

 昭和46年(1971)菟原下小字久保の林野から出土した。丹後郷土資料館の展示図録『南北朝時代の丹波・丹後』に紹介されており、総数6242枚、銭名の判読不明が3609枚、判読されたもの2633枚のうち唐の開元通宝(621)から明の永楽通宝(1408)にいたり、銭種35種と報告されている。三和町郷土資料館で再調査を行った結果、現在保管の銭数は総計6215枚、判読不能359枚、年代は開元通宝(621)から皇宋元宝(1253)が下限の年代、銭種31、銘種66でした。6215枚の銭貨と容器14,2cm×32,6cmの壷が指定になっている。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?