ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

十倉一ノ宮神社 神輿

 

9 十倉神社 神輿(みこし)(市指定)

 十倉一ノ宮神社 神輿の画像

 福知山市大江町南有路


 総桧漆塗総重量約600キログラム、もと大阪市住吉神社の神輿であったものを、本町出身京都在住の真下甚兵衛氏(屋号菱屋)が当社に寄進したものである。

 神輿に附属する御酒鈴(みきすず)の刻字によると、天保五年(1834)春はるばると大坂から担い運ばれたことがわかる。爾来秋の祭礼には、南有路の各社に盛大な渡御が行われた。大江町内唯一の神輿である。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?