ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 文化・スポーツ振興課 > 愚中周及・大中臣実宗連署禁制

本文

愚中周及・大中臣実宗連署禁制

 

4 天寧寺愚中周及・大中臣実宗連署禁制

愚中周及・大中臣実宗連署禁制の画像

(府指定、古文書4)

福知山市字大呂1474 一枚 縦33.0cm 横50.4cm 応永十三年(1406)

 天寧寺開山愚中周及とその大檀那大中臣実宗が連署で天寧寺大衆に対して女人.酒入等の禁止ほか三カ条の禁制を出したもの。寺内を禁制する禁制類を木札に記したものは遺品が少なく、本品は、中世にさかのぼる寺院制札の遺品として貴重である。文字は、陰刻されている。

(釈文)
 禁制
第一 不許一切女人入寺中事
第二 不許一切酒入寺中事
第三 不許年少沙喝畜之事
巳上三件永為
天寧寺不易之規式
応永十三年九月廿七日
檀那 沙弥威光(花押)
住持 老比丘 周 及 (花押)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?