ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 文化・スポーツ振興課 > 丹波室尾谷山観音寺略年代記

本文

丹波室尾谷山観音寺略年代記

10 丹波室尾谷観音寺略年代記(市指定)

丹波室尾谷山観音寺略年代記の画像1
丹波室尾谷山観音寺略年代記の画像2
丹波室尾谷山観音寺略年代記の画像3

福知山市大江町南山 観音寺蔵 一冊

 観音寺室尾谷山観音寺は、大江町南山の奥、鬼ヶ城の東麓にあり、寺伝では行基により開創を伝え、本尊の十一面観音菩薩は大和室尾寺本尊の余材をもって刻彫造立つしたものと伝え、鎌倉時代?室町時代にかけては一一坊を擁する大伽藍があり、藩政期以降は歴代田辺藩主牧野氏の崇敬厚く、数々の寄進状安堵状によっても、藩の庇護尊崇のあとがうかがえる。、観音寺の古文書群は、福知山市での数少ない中世文書を含んでおり、そのうち、略年代記は観音寺開創以来の由緒を記したもので、その記述によって元文三年(一七三八)に書き留められたものであることがわかっている。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?