ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

若宮八幡 宝篋印塔

 

13 三俣 若宮八幡神社石造宝篋印塔(ほうきょういんとう)(市指定)

若宮八幡 宝篋印塔の画像

福知山市字三俣上安場 基 総高120.0cm

 若宮八幡神社の御神体として社の内陣に納められている。石材は花崗岩かと思われ、宝珠.請花.九輪(くりん).伏鉢(ふせばち)を一石で作り、 本来は別物であったと思われる基壇上に置かれている。また、塔身4面に梵字(ぼんじ)、基礎に格狭間を彫っている。

 制作年代については、各部のつりあい、姿の力強さ、笠の隅飾りの開き等から、鎌倉時代後期のものと判断され、市内でも最古級の宝篋印塔(ほうきょういんとう)である。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?