ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

梅田神社

 

9 梅田神社(府指定)

梅田神社の画像

 福知山市三和町辻

 三棟 附棟札2枚:

 梅田神社は、細見谷の中出、辻、中嶋、西谷の四ケ村の産土神とされ、細見氏の祖先である紀忠通が記られている。境内は、道よりやや上に石段を登ったところの広場を中心に、南面して三棟を入れた覆屋があり、かたわらには稲荷や八幡の社がある。石段の下の手水鉢や覆屋両脇の石灯龍には、宝永五年(1708)の銘があり、この時に境内の整備がされたことがわかる。

 本殿をはじめとする三棟は、棟札写しによると、貞享五年(1688)の建立。覆屋も立派なつくりで、大正六年に改修したのを、昭和26年唐破風向拝を付け瓦葺とした。それまでは茅葺であったため、古くから7年ごとに葺替えをおこない社を保存してきた。このときの冠童と称する氏子となる男子の祝儀式は、瓦屋根となった現在も行われている。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?