ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

一宮神社(堀) 石造鳥居

 

17 堀一宮神社石造鳥居(市指定)

一宮神社(堀) 石造鳥居の画像

福知山市字堀 一棟 明神鳥居 柱間368cm 柱径40cm 元禄十一年(1698)

 この石造鳥居は神社三道から2番目の明神鳥居で、最も標準的な鳥居である。2本の柱をやや内ころび(八字形)に建てる形で、その柱足には亀腹を設けている。柱の頂上に島木(横木)をわたし、島木の上にさらに笠木を重ねて、これを3石で組み合わせて造っている。また柱頂からやや下がったところに貫を入れ、貫の先端は柱を貫いて横に出る。そして島木と貫の間の中央に束を置くが、その束には扁額はかけられていない。

 柱に銘文が刻まれており、銘文からこの石造鳥居は元禄十一年(1698)に氏子が建立したものとわかる。他にも銘があるようだが、現在摩滅して判読できない。高さの割に柱が太く安定した感じを受ける。

(銘文)(右柱)元禄十一 戌寅 年六月吉日 曽我井庄」福知山町」南岡村 」木 村」 堀 村」


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?