ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 文化・スポーツ振興課 > 絹本著色愚中周及像(禅英賛)

本文

絹本著色愚中周及像(禅英賛)

 

6 天寧寺 絹本著色愚中周及(ぐちゅうしゅうきゅう)像(禅英賛)(市指定) 

 絹本著色愚中周及像(禅英賛)の画像

福知山市大呂 一幅 縦98.7cm 横45.9cm
 斜め左向きに椅子に坐る開山愚中周及の頂相で、一副一鋪の絵絹に描かれている。両手は膝の上で禅定印(ぜんじょういん)を組む。一切の装飾を除いた簡素な画風であるが、悟りの境地に達した禅僧の面影は十分伝えられている。図上の賛は、禅英が将軍義持の命によって書いた旨が示されている。霊中禅英は、寂室元光に師事していたが、貞治年間に大中臣宗泰に招かれて天寧寺の地、金山に住したことがある。周及が元から帰朝し、禅英から譲られて天寧寺を開いたとある。両者の間は親交が厚く、このような頂相が制作されたのであろう。
(賛文)
金鰲山頂揚子江心」 蔵身屏跡攀高釣深」
平呑佛祖眇視古今」 一生家活掩不得?」
芋香散傍」 台襟」
敬奉」 釣命謹賛」
佛徳大通禅師」 老比丘禅英拝書」


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?