ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

絹本著色淡彩不動明王像

17 観音寺 絹本墨画淡彩不動明王像

絹本著色淡彩不動明王像の画像

 福知山市字観音寺1067 一幅 縦90.0cm 横40.5cm 妙沢筆
 岩座上に立つ不動明王を一副一鋪の絵絹に細勁(さいけい)の墨線で描き、光背の火焔、口唇、羂索(けんざく)等に朱を施す。向かって右下側に「妙沢老人謹図」の記がみられる。
 筆者妙沢は、竜湫周沢(りゅうしゅうしゅうたく)(1307~1388)といい、夢窓国師(むそうこくし)の弟子で天竜寺寿寧院に住んでいたが、生涯不動を描き続け、版画を含めるとおびただしい数になる。本図は肉筆による典型的な作品として注目される。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?