ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 文化・スポーツ振興課 > 絹本著色醍醐寺三光国師像図

本文

絹本著色醍醐寺三光国師像図

 

12 醍醐寺 絹本著色三光国師(さんこうこくし)像(市指定)

 絹本著色醍醐寺三光国師像図の画像

福知山市字猪崎1 一幅 縦98.0cm 横51.5cm

 醍醐寺は、弧峯覚明(1271~1361)が後醍醐天皇追善のため興国2年(1341)に開いた寺である。弧峯は、後醍醐天皇が崩じると後村上天皇にも仕え、天皇から三光国師の号を賜った。この図は一副一鋪の絵絹に謹厳な筆法で描かれ、色彩も美しく国師の温厚な人柄を写している。寺宝では、土佐光信の筆といわれており、大和絵的な華麗で穏やかな画風が認められている


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?