ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 用地課 > 地籍の意味と土地に関する記録

本文

地籍の意味と土地に関する記録

 「地籍」とは、土地の所在(字・小字)、地番、地目、地積、権利者、その他の事項の情報のことです。

 各個人には固有の「戸籍」という情報があり、様々な行政場面で活用されているのと同様に、土地についても「地籍」の情報が行政の様々な場面で活用されています。

 土地に関する記録は法務局(登記所)において管理されていますが、土地の位置や形状等を示す情報として法務局に備え付けられている地図や図面は、多くが明治時代の地租改正時に作られた地図(公図)などをもとにしたものです。

 そのため、土地の境界が不明確であったり、測量も不正確であるのが実態です。