ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 秘書広報課 > 竜王戦 福知山城対局「福知山勝負めし」募集!

本文

竜王戦 福知山城対局「福知山勝負めし」募集!

第31期竜王戦七番勝負第4局福知山対局

「福知山勝負めし」募集

昨今の将棋ブームのなか、大勝負に挑む棋士たちが食する「勝負めし」も、対局における大きな注目の的となっています。

そこで、平成30年11月24日(土曜日)・25日(日曜日)の2日間にかけて行われる「竜王戦福知山城対局」でも、福知山ならではの食事を対局者の羽生善治竜王と広瀬章人八段に味わっていただき、また全国に発信するために、昼食メニューを募集します。ふるってご応募ください。

 

応募要項

 

(1)募集部門

  • 「福知山名物・産品活用」部門
    福知山名物、福知山産品を使った料理など福知山らしさを発信できる料理 
  • 「肉のまち福知山」部門
    牛肉、鶏肉等を前面に出した料理など「肉のまち福知山」をアピールする料理 

(2)募集対象

  • 福知山市内で営業している飲食店、または本市出身者など本市にゆかりのある飲食店とする。 

(3)応募品数

  • 応募は、1店舗につき1部門のみ応募可。また1部門につき2品以内の応募とする。ただし、2品応募をするときは料理ジャンルや料理形態を変えること。 

(4)応募条件
  以下の内容を承諾した上で応募すること。

  1.  「福知山勝負めし」に採用されても、対局者に選ばれないことがあること。
    注文の有無に関わらず11月23日午後7時頃に電話にて連絡する。
  2. 昼食時間は対局日(11月24日・11月25日)両日とも午後0時30分から午後1時30分。11月23日午後7時頃に注文した品数を、福知山城に、指定日(11月24日または11月25日)の指定時間に適温の状態で配達を完了すること。(本丸広場までは普通自動車の乗入は可能。ただし運搬時間など制限あり、詳細は改めて通知する。注文した品数分の価格は後日支払う)
  3. 料理を通じた福知山市のPRのため、対局者注文品数以上の数を注文することがある。
    その場合、11月23日午後7時頃に注文した品数を、福知山城に、指定日(11月24日または11月25日)の指定時間に適温の状態で配達・配膳を完了することとなる。提供可能かどうかは応募時に申し出ること。
    (メニュー採用の可否には影響しない。注文した品数分の価格は後日支払う)
  4. 食器の撤去を当日の14時~17時の間で行うこと。車の乗入は要相談。
  5. メニュー名に「福知山(地名)」「料理の特徴やアピールポイント、福知山らしさ」などを表した名前を付けること。目安15文字以内。(例)福知山産○○の×××、肉のまち福知山名物△△△△
  6.  「福知山勝負めし」料理の写真を市に提供すること。メニューとして採用になったときは、応募飲食店名等の情報や料理写真を市広報等で活用することに同意すること。
  7. 提供価格は、他会場の棋戦対局の例から、1食上限2000円程度であること。
  8. 「福知山勝負めし」に採用されたときは、対局終了後も店舗等でお客様に提供できること。(期間限定も可)
  9. その他配達・配膳に当たり応募者側で条件がある場合は応募時に申し出ること。(内容によって実現の可否を判断する)
  10. 竜王戦主催者(読売新聞社・日本将棋連盟)の意向により、応募者の中から別に提供可能なメニューを個別に協議し採用することがあるので、応募時に他に提供可能な料理ジャンル、料理形態を申し出ておくこと。この場合、募集部門は問わない。

 (5)募集期間

  • 平成30年10月1日(月曜日)から平成30年10月25日(木曜日)午後5時まで

(6)応募方法

  • 応募用紙に必要事項を記入し、料理の写真とともに電子メールまたは郵送により送付すること。電子メールの場合は、件名を「福知山勝負めし応募」とし、1通につき添付の容量を4MB以内に抑えること。

【応募書類送付先・問合せ先】
 〒620-8501 福知山市字内記13番地の1
  福知山市役所秘書広報課シティプロモーション係
  電子メール:hisyo■city.fukuchiyama.lg.jp
  (■は@と読み替える)
  電話:0773-24-7090
  ファクス:0773-24-7023 

応募用紙ダウンロード     word   PDF

(7)採用決定

  • 採用の可否について11月15日(木曜日)までに個別に連絡するとともに、11月下旬に本市ホームページで発表する。 

(8)選考方法

  • 竜王戦主催者と協議の上、料理ジャンルや料理形態のバランスに配慮し決定する。
  • ただし、応募状況によりメニューに偏りが生じたとき、または必要なメニュー数が確保できないときは、応募者の中から別に提供可能なメニューを個別に協議し採用することがある。この場合、募集部門は問わない。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?