ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 人生の出来事 > 病気・けが > 交通事故など第三者の行為によってうけたけがの医療費

本文

交通事故など第三者の行為によってうけたけがの医療費

 交通事故など第三者の行為によってうけたけがの医療費は、原則として加害者が全額負担すべきものですが、その賠償が遅れるときなどは、一時的に国保で治療をうけることができます。ただし、あとで国保が立て替えた医療費を加害者に請求しますので、「第三者の行為による被害届」[PDFファイル/104KB]により、必ず市役所保険年金課の窓口に届出をしてください。

届出に必要なもの

  1. 交通事故証明書(交通事故の場合。後日でも可)
  2. 被保険者証
  3. 印かん
  4. 本人確認のできるもの
  5. マイナンバーの確認できるもの

損害保険会社との覚書の締結について

 交通事故に係る第三者行為による傷病届等の提出に関して、損害保険会社各社と「交通事故に係る第三者行為による傷病届等の提出に関する覚書」を締結しています。
 損害保険会社様には、国保被保険者の届出に御協力いただきますようお願いいたします。
 覚書による届出様式[PDFファイル/321KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?