ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 市民課 > 身に覚えのない商品の送り付けにご注意ください

本文

身に覚えのない商品の送り付けにご注意ください

 マスクや健康食品、カニ等の食料品、高額な書籍など身に覚えのない商品が一方的に送られてきて、受け取ると代金を請求される『送り付け商法(ネガティブ・オプション)』に関する相談が、全国の消費生活センター等に寄せられています。

一方的に送り付けられた商品は直ちに処分可能に!(令和3年7月6日以降)

 一方的に送り付けられた身に覚えのない商品を受け取っても、売買契約は成立していません。事業者に代金を支払う必要はありません。

 令和3年の特定商取引法改正によって、売買契約に基づかないで送付された商品に関するルールが変わりました。
 改正前の規定では、注文や契約をしていないにもかかわらず、一方的に送り付けられた商品について、その商品の送付があった日から起算して14日が経過するまでは、その商品を処分することはできませんでした。
 今回の改正により、事業者は送付した商品について直ちに返還請求ができなくなり、注文や契約をしていないにもかかわらず、一方的に送り付けられた商品については、直ちに処分することができるようになりました。

 令和3年7月6日以降は、注文や契約をしていないにもかかわらず一方的に商品が送り付けられた場合、直ちに処分することができます。

困ったときは、まず相談!

 全国の消費生活センター等には、「事業者から取り立てに行くなどと脅され代金を払ってしまった」「電話で勧誘されて断ったにもかかわらず商品が送り付けられ、事業者から契約は成立していると言われた」「支払義務があると誤解して、お金を支払ってしまった」などといった送り付け商法(ネガティブ・オプション)に関する相談が寄せられています。
 困ったときは、最寄りの警察や消費生活センター等にご相談ください。

相談窓口 連絡先 備考
警察総合相談室 #9110 月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)
午前9時~午後5時45分
福知山警察署 0773-22-0110  
消費者ホットライン 188(局番なし) 最寄りの消費生活センター等をご案内します。
京都府消費生活安全センター 075-671-0004 月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)
午前9時~正午、午後1時~午後4時
高齢者消費生活ホットライン 075-671-0144 月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)
午前9時~正午、午後1時~午後5時
福知山市消費生活センター 0773-24-7020 月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)
午前9時~午後4時

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?