ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > いがいと!福知山 > お知らせ > お知らせ > 漫画家・こうの史代さんのイラスト「麒麟のいる街」を福知山城HPで公開!3/21はみつひデー!

本文

漫画家・こうの史代さんのイラスト「麒麟のいる街」を福知山城HPで公開!3/21はみつひデー!

こうの史代さんイラスト公開バナー

 

明智光秀が築いた福知山城市内在住の漫画家・こうの史代さんが描いたイラスト「麒麟のいる街」を、光秀にちなんだ日である3月21日(みつひデー)の午前0時に、福知山城公式サイトにて公開しました。


公開ページ<STORY 3>令和 挑戦<外部リンク>では、同時に、「福知山のスターは、明智光秀と酒吞童子」などとする福知山についてのこうの史代さんの直筆コメントと、「令和 挑戦」をテーマにした福知山市民のインタビューも公開しています。

また、福知山市ではイラストがデザインされた市外の方対象の「いがいと!福知山ファンクラブ会員証」の申込受付も開始。

さらに、イラスト「麒麟のいる街」を広く市民や福知山を訪れた人に見てもらうため、3月21日から福知山城天守閣で、また3月23日から福知山市立図書館中央館で、複製画の展示やポストカードの限定配布を行います。

(詳細は、以下「イラスト展開」へ)

 

こうの史代さん「麒麟のいる街」経緯と内容

イラストは、福知山城公式サイトを新しく立ち上げるにあたり、福知山市内外の方に喜んでいただけるものを掲載したいという思いから、『この世界の片隅に』などで知られる市内在住の漫画家・こうの史代さんに「福知山城のある風景」というテーマで福知山市が2020年末に依頼。ご快諾いただき、この度、お披露目となりました。

タイトルは「麒麟のいる街」で、原画のサイズはA3。こうのさんは、福知山城と城下町、さらには道路標識など福知山市に実際にある風景や物を精緻に写し取りつつ、平和な世に現れる聖獣・麒麟に乗って飛来する明智光秀と妻・熙子、風に舞う明智家家紋の桔梗の花びらや個性豊かな鳥たちも画の中に登場させました。水彩絵の具と色鉛筆による、こうのさん独特の透明感ある色彩で、リアルとファンタジーが交ざり合う極点のような世界が描かれています。

こうのさんは、2016年に福知山市に移住。以来、広報誌(2017年5月号P.32)や移住サイト<外部リンク>のインタビュー、原画の展覧会、図書館の雑誌スポンサー<外部リンク>など、様々な形で市に協力しています。

こうの史代さんイラストのモデルになった風景

イラストのモデルとなったのは、福知山駅から福知山城へと歩く中で、見えてくる風景です。(本当にソックリ!)
こうの史代さんの絵を思い浮かべながら歩いてみてください。福知山城までの道中が、一層楽しくなるはずです。

こうの史代さん コメント

福知山のスターは、明智光秀と酒吞童子」

などとする福知山についてのこうの史代さんの直筆コメントを、福知山城公式サイト STORY3<外部リンク> に掲載!

こうの史代さん プロフィール

こうの史代(こうの・ふみよ)

昭和43(1968)年、広島市生まれ。漫画家。平成7(1995)年に『街角花だより』でデビュー。平成16(2004)年に『夕凪の街 桜の国』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞新生賞を受賞。平成21(2009)年に『この世界の片隅に』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。その他『ぼおるぺん古事記』『日の鳥』など著書多数。平成28(2016)年に東京都より福知山市へ移住。

イラスト展開

(1) 【3/21~】 福知山城公式サイト 公開第3弾

期間 
2021年3月21日(日曜日)午前0時~

場所 
福知山城公式サイト(https://www.fukuchiyamacastle.jp/story3/<外部リンク>

内容 
「<STORY3>令和【挑戦】」ページの公開
 ~福知山城の知られざるストーリー 福知山に伝わる光秀の心~

400年の歴史で初となる福知山城公式サイトが2021年2月7日(大河ドラマ『麒麟がくる』最終回の日)にオープン。光秀にちなんだ日、3月21日(みつひデー)に、公開第3弾として、「<STORY3>令和【挑戦】」ページを公開。明治の廃城、昭和の瓦一枚運動を経て、現代に受け継がれる福知山城を市民がどのように想い、これからの時代に伝えていくのか――『この世界の片隅に』などで知られる福知山市在住の漫画家・こうの史代さんの描き下ろしイラスト「麒麟のいる街」や直筆コメントとともに、現代に受け継がれる光秀の心を紹介します。

この取組みは、明智光秀の知られざる魅力と福知山とのつながりを全国に発信する「知られざる明智光秀プロジェクト」第7弾です。なお、この公式サイトには、クラウドファンディング型ふるさと納税「明智光秀×福知山サポーター」の寄附金が活用されています。

〇<STORY 3>令和【挑戦】

福知山のこと
  
― こうの史代さん(漫画家)

後世へ残したいドッコイセ魂
  
― 田村卓巳さん(福知山踊振興会 会長)

僕たちは「光秀」でひとつになれた
  ― 足立聖忠さん(福知山青年会議所、福知山城プロジェクションマッピング「福知山イル未来と~明かき光~」実行委員長)

(2) 【3/21~】 いがいと!福知山ファンクラブ会員証に登場

期間 
2021年3月21日(日曜日)午前0時~

場所 
福知山市HP (https://www.city.fukuchiyama.lg.jp/site/promotion/10469.html

内容 
福知山市を応援したい人が集まる無料会員組織「いがいと!福知山ファンクラブ」に入会された市外の方に発行する会員証に、「麒麟のいる街」デザインが登場します。

(3) 【3/21~】 福知山城天守閣に登場

期間
2021年3月21日(日曜日)午前9時~ 当面の間

場所
福知山城天守閣 (福知山駅から徒歩15分)

内容
〇展示
・「麒麟のいる街」複製画(A3サイズ)
・こうの史代さん直筆メッセージの複製原稿(原稿用紙サイズ)

〇配布(限定)
・「麒麟のいる街」ポストカード
 「いがいと!福知山ファンクラブ」会員のみに配布。
 (受付に会員証もしくはファンクラブメルマガ画面を提示した本人のみ)

(4) 【3/23~】 福知山市立図書館中央館に登場

期間 
2021年3月23日(火曜日)午前10時~4月25日(日曜日)午後6時

場所 
福知山市立図書館中央館 (福知山駅前 市民交流プラザふくちやま内)
2階サービスカウンター前のエレベーターガラス面に展示

内容 
〇展示
・「麒麟のいる街」複製画(A3サイズ)
・こうの史代さん直筆メッセージの複製原稿(原稿用紙サイズ)

〇配布(限定)【配布は終了しました(4月8日追記)】
・「麒麟のいる街」ポストカード(枚数限定・なくなり次第終了・お一人様一枚のみ)

〇特集展示
・こうの史代さん著作、関連本 30点 
  『この世界の片隅に』から、昨年自費出版された『本のこども』『宇宙じん捕獲報告書』など
・こうの史代さんが雑誌スポンサー※を務める雑誌

※雑誌スポンサー制度:企業や団体等が、購読料を負担して図書館に雑誌を提供することで、その雑誌カバー等に広告を掲載できる福知山市独自の制度。こうのさんは、『現代農業』『天文ガイド』『ニュートン』『子供の科学』『芸術新潮』『月刊おりがみ』の6誌に協賛しています。

(参考)光秀マインド/麒麟のいるまち

福知山市では、明智光秀の時代から現代にまで通底する、困難に立ち向かいまちづくりを行う挑戦心を「光秀マインド」と呼んでいます。

大河ドラマ『麒麟がくる』の紀行コーナーで福知山市が二度登場したことや、コロナ禍でもまちの魅力発信に務め大きな反響を得たことから「麒麟がきたまち」と呼ばれました。

これからは、イラストにも呼応して「麒麟のいるまち」として、「光秀マインド」を胸に、まちづくりに挑戦していくとの思いから、のぼりを福知山市役所に掲出中。福知山城の登城坂にも3月中に掲出します。

光秀マインドのぼり

 


福知山市公式動画

                    

「明智光秀マインド~ 語り:クリス・ペプラーさん」
【明智光秀が築いた城下町 京都 福知山】

福知山市公式動画

福知山市初のプロモーション動画『鬼のいざない』を公開中!
福知山を訪れた女性が鬼にいざなわれ、出会う“いがい”なものとは…?

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?