ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 文化・スポーツ振興課 > 地質と化石について|夜久野町化石・郷土資料館

本文

地質と化石について|夜久野町化石・郷土資料館

夜久野地域の大地と化石

1. 地 質

夜久野地域の地質は各種の推積岩や火成岩からなっており、岩石の分布状態から、北部、中部、南部の大きく三つの区域に分けることができます。学問的に非常に興味深い土地であり、古くから研究者の論文が数多く発表されています。

  1. 北部地域
    西谷、副谷、門垣を連ねる線より北の部分で、花崗閃緑岩、流紋岩などの酸性の火成岩や新第三紀層が主に分布します。
  2. 中部地域
    上記地域より南、牧川までの間で、古生代二畳紀の額田層、中生代三畳紀前、中期の夜久野層群、同後期の日置層と名づけられる海成層が、ほぼ東西に帯状に分布しています。西端の田倉山の噴火及び夜久野ヶ原はこれらの地層の上に乗っています。
  3. 南部地域
    牧川以南は、大部分夜久野迸入岩類(または複合岩類)といわれている深成岩、変成岩の分布地域です。

 夜久野地域の大地と化石の画像1  

2.化 石

地質時代の歴史を知るためには化石によって調べる事ができます。夜久野地域には古生代ペルム紀、中生代三畳紀、新生代新第三紀、第四紀の地層が分布し、日本では珍しい化石の宝庫です

  1. 古生代(ペルム紀)
    この時期の地層は額田層と呼ばれている古生層です。ウミユリやフズリナ、レプトダス、コケムシ等が採取されています。
  2. 中生代(三畳紀)
    この時期の化石としては、額田化石で採取されているアンモナイトが有名です。他に額田化石では、クモヒトデ、サメの歯、スピリフェリナ等の化石が採取されています。また、日置からは、三畳紀の示準化石であるミネトリゴニアへギエンシスやパレオファルス、巻貝類の化石が採取されています。
  3. 新生代(新第三紀)
    この時代の示準化石であるビカリアやカガミガイ、ムラサキガイなどが、板生の鉄鈷山で採取されています。
  4. 新生代(第四紀)
    この時期の化石はシリブトビシやクルミなどの植物化石がほとんどで、湖成層の粘土層で採取されています。

 

バラトニテス balatonites sp.
アンモナイト(軟体動物頭足類)

バラトニテスの画像

 

日本では「アンモン貝」また「菊石」ともいう。
現生種では、イカやタコに相当するものが殻に住んでおり、足に相当する触手は数十本から90本もあり、吸盤のないのが特徴と考えられている。
額田奥の割石のアンモナイトは中生代三畳紀中期(約2億3千万年前)を示す重要な化石で、日本でもめずらしいものである。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?