ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

真下飛泉資料室

真下飛泉資料室の画像
真下飛泉(1878〜1926)

 真下飛泉(ましもひせん本名:瀧吉)は明治11年(1878)10月10日、京都府加佐郡河守町(現福知山市大江町河守)の農家の二男として誕生しました。
 京都師範学校卒業後、教職のかたわら文芸に傾倒します。特に短歌は与謝野鉄幹に師事し、鉄幹主宰の「明星派」の影響を強く受けます。 
 明治37年(1904)10月、日露戦争が勃発し、飛泉は受け持ちの5年生の児童に自作の「出征」という唱歌をオペラ形式で歌わせました。農村青年の武雄が老父母を残して出征していくという内容で、集まった父母たちに大変な感銘をあたえました。その後、続編「露営」が書かれ、ついで多くの人に歌われ大ヒット曲となった「戦友」(ここはお国を何百里、離れて遠き満州の・・・)が作られ、真下飛泉の名を歌謡史に永久に留めることとなりました。
 大正14年(1925)5月、下京区選挙区から市会議員として立候補し、最高得点で当選しましたが、翌15年に持病の心臓病を悪化させ、同年10月25日に永眠しました。

真下飛泉と戦友解説書[PDFファイル/702KB]

真下503m資料室

大江町河守出身の真下飛泉に関わる資料や書簡など約700点保管しています。

真下503m資料室の画像1真下503m資料室の画像2

見学方法

  • 開館時間午前9時00分~午後5時00分
    年中無休で開館しております。お気軽にご来場ください

連絡先

  • 福知山市役所大江支所 地域振興係  Tel 0773-56-1102 Fax 0773-56-2018

住所/位置

  • 福知山市大江町河守398
    (京都丹後鉄道宮福線大江駅2階)

住所/位置の画像1住所/位置の画像2住所/位置の画像3

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?